フォト

« マスコミと弁護士人口問題 史上最悪の社説 | トップページ | 弁護士の平均年収 渉外弁護士の実態もリサーチ-年収ラボ »

2008年2月17日 (日)

朝日新聞社説 弁護士増員抵抗するのは身勝手だ

 朝日よお前もかという感じですね。つまるところ弁護士過疎が解消されない限り弁護士増員は続けるべき、裁判員制度と被疑者国選対象拡大に対応するためには増員が必要ということでしょう。
 しかし裁判員制度と被疑者国選対象拡大は来年の話です。仮に年間1500名が適当だと仮定すると今年の合格予定者2400名との差は900名です。来年の5月までに900名増やすことがどのような意味を持つのでしょうか。裁判員制度と被疑者国選対象拡大への対応は現在の弁護士でやらなくてはならないのであって3000名問題とは全く何の関係もありません。こんな簡単なことがどうして理解できないのでしょうか。そして刑事弁護が国営弁護となることを危惧して法テラスと契約していない弁護士はたくさんいます。法テラスと契約しなくとも国選弁護ができるようにすればこの問題は解決するはずです。重ねて言いますが来年実施の制度のためにどうして将来に渡る3000人増員を正当化しうるのか全く理解できません。
 弁護士過疎に関しては、それは正に増員論者の言うところの市場原理の結果です。弁護士業務も基本的には経済活動ですから、より売上の上がる場所で業務を行うというのは当然のことです。また教育環境などを考えると都市部に居住することを選択するのは当たり前の話です。弁護士に限らず「過疎」という現象は経済法則の結果です。
 それがどうして人口を増やすことで解決できるのでしょうか。医師は年間約7700名ほど生まれています、廃業するのがだいたい3500名程度といわれていますから、年間3200名程度の純増があります。この状態はもう長いこと続いています。医療過疎は解消されたでしょうか。解消どころか地方ではお産もできない、麻酔医がいないので手術もできないという逆の現象が起きています。
 たしかに都市部で全く仕事を見いだすことができないほどの極端な弁護士過剰が生まれれば、あぶれた者が特に誘導策をとらなくとも過疎地に行くかもしれません。しかし市民はそういう弁護士に来て欲しいのでしょうか。また極端な弁護士過剰による弊害のリスクを冒してまでそんなことをすべきなのでしょうか。
 過疎の問題は経済法則の結果ですから、特別な誘導・優遇政策をとらない限り解消されないと考えるのが常識でしょう。そのために日弁連はひまわり公設事務所を全国各地に作り、さらに今後5年間に10億5000万円をかけて様々な偏在対策を行おうとしています。弁護士過疎偏在問題はそのような努力によって初めて解決されるものであって弁護士人口を増やせば解消するなどという考えは全くの誤りです。
 ところで朝日新聞は弁護士過疎の解消を強く訴えるようですが、では国や地方自治体は弁護士過疎の解消のために今までどのような努力を払ってきたのでしょうか。何もしていないのが現状でしょう。裁判所も同じです、仙台地裁ではこれまで支部でも競売手続を取扱っていましたが、今後は本庁でしか取扱いしません。支部には裁判官が常駐しないところがたくさんあります。それで弁護士にだけ過疎地に行けですか、どっちが身勝手なのでしょうか。朝日新聞はどうして国
や自治体や裁判所を批判しないのでしょうか。弁護士過疎ではなくて司法過疎なのです
 さらに言えば厚労省は医師は足りていると言っていますが、医療過疎が存在することは事実でしょう。ではどうして医師は増員しないのでしょう。どうして朝日新聞は医師会の責任を厳しく問わないのですか。医者は身勝手でなくてどうして弁護士だけが身勝手と言われなくてはならないのか理解できません。
 それにしてもここまで各社の社説で叩かれると、しかも理屈に合わない叩かれ方をすると、もうどうでもいいかと思ってしまいます。私は弁護士は常に少数者の側で権力や社会的強者の横暴と対峙してゆくべきで、そのためには経済的に他者に依存してはならず自立している必要があると考えてきましたが、もうこういう考え方は受け入れられないのでしょう。仙台弁護士会では2月23日に定期総会が行われ、そこで「司法試験合格者を年間3000人とする政策の見直しを求める決議」を提案する予定です。法務省の見直し方針の表明のおかげですんなり通るかと思っていましたがこの様子では激論になるかもしれません。
 最後に朝日新聞では弁護士の平均年収は弁護士白書で1600万円とされているとあります。たしかに白書ではそうなっているのですが、私はこの数字の信憑性には極めて疑問を持っています。経費率を考えると売上は3600万円位になると思いますが、私の実感ではそれだけの売上を上げている弁護士がそんなにたくさんいるとは思えません。私が貧乏なせいかもしれませんが。白書はアンケートに答えた者の集計であって、実は収入の少ない者はアンケートに答えていないのではないか、その結果このような高い数字になっているのではないかと思っています。

« マスコミと弁護士人口問題 史上最悪の社説 | トップページ | 弁護士の平均年収 渉外弁護士の実態もリサーチ-年収ラボ »

ロースクール・弁護士人口問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/10572063

この記事へのトラックバック一覧です: 朝日新聞社説 弁護士増員抵抗するのは身勝手だ:

« マスコミと弁護士人口問題 史上最悪の社説 | トップページ | 弁護士の平均年収 渉外弁護士の実態もリサーチ-年収ラボ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31