フォト

« 酔狂ですが…:裁かれたくない /大分(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | 各種ご案内 - 弁護士人口問題について当会が行ったアンケート結果 »

2008年2月24日 (日)

司法試験合格者数を年間3000人程度とする政策の変更を求める決議

 2月23日の平成20年度仙台弁護士会定期総会において「司法試験合格者数を年間3000人程度とする政策の変更を求める決議」 が採択されました。出席者168名、議長を除く議決権167、賛成106名でした。反対、棄権の数はカウントされませんでしたが、相当数の棄権者が出たであろうことを考えるとダブルスコアでの圧勝です。厳しい質疑・討論が交わされましたが何とか乗り切ることができました。ただ一つだけ新60期の会員の前で弁護士の質の低下の虞を言わねばならなかったのは、彼らの気持ちを考えると申し訳なく思います。彼らの資質自体を問題にしているのではなく、修習期間短縮や今後就職先が確保できない事態になった場合のオンザジョブトレーニングの不足を問題としているのですが。今回の決議では、政策変更の理由付けとして法的サービスの質の低下と濫訴の虞のみを取り上げています。新人の就職難や窮乏化、人権活動の弱体化による弁護士の変質については敢えて論拠としませんでした。エゴや特権意識などと批判されないようにとの配慮でしたが、それがよかったのかどうかは今後更に検討しなければならないと思っています。次の課題は、東北弁連大会決議です。

« 酔狂ですが…:裁かれたくない /大分(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | 各種ご案内 - 弁護士人口問題について当会が行ったアンケート結果 »

ロースクール・弁護士人口問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/10730765

この記事へのトラックバック一覧です: 司法試験合格者数を年間3000人程度とする政策の変更を求める決議:

« 酔狂ですが…:裁かれたくない /大分(毎日新聞) - Yahoo!ニュース | トップページ | 各種ご案内 - 弁護士人口問題について当会が行ったアンケート結果 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31