フォト

« ITJ法律事務所が協力弁護士募集 | トップページ | 日弁連法曹人口問題検討会議討議メモを読んで »

2009年10月17日 (土)

「適正な弁護士人口政策を求める決議」採択される!: 弁護士のため息

リンク: 「適正な弁護士人口政策を求める決議」採択される!: 弁護士のため息.

「適正な弁護士人口政策を求める決議」採択される!
  賛成 167名
 反対  55名
 棄権・保留 33名

 
  中部弁護士会連合会の定期大会で「大幅な弁護士増加政策を見直し、今後、司法試験の合格者を段階的に減少させて、早期に年間1000人程度にすべきである」とする「適正な弁護士人口政策を求める決議」が採択されました。
 中部弁連は2007年10月に弁護士人口見直し決議としては初めての「適正な弁護士人口に関する決議」を採択しました。その後多くの単位会や弁護士会連合会で同様の決議が採択され、日弁連も「スピードダウン」という提言を出さざるを得なくなりました。今回の中部弁連の決議はさらに踏み込んで、年間合格者1000名程度という具体的な数字を上げて政策見直しを迫っています。既に群馬、山形県弁護士会が1500名、埼玉、栃木県弁護士会が1000名が適正規模であるとの決議を出しています。
 今回の決議の賛否はトリプルスコアの圧倒的多数で採択されています。年間合格者数を1000~1500名に減らすというのは、もはや弁護士の共通認識と言ってよいと思います。これを契機に全国の単位会及び弁護士会連合会で同様の決議が出されることが望まれます。
 それにしても日弁連は、未だに法曹養成制度が整うまでの間増員をペースダウンすべきだという提言にとどまっていて、3000名増員政策自体の見直しをしようとしません。来年の日弁連会長選挙に宇都宮弁護士が立候補するようです。弁護士増員見直しを掲げているようなので期待したいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へ
にほんブログ村

« ITJ法律事務所が協力弁護士募集 | トップページ | 日弁連法曹人口問題検討会議討議メモを読んで »

ロースクール・弁護士人口問題」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/31825151

この記事へのトラックバック一覧です: 「適正な弁護士人口政策を求める決議」採択される!: 弁護士のため息:

« ITJ法律事務所が協力弁護士募集 | トップページ | 日弁連法曹人口問題検討会議討議メモを読んで »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31