フォト

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月の3件の記事

2009年12月18日 (金)

新しい勤務弁護士 熊谷優花弁護士が加わりました

 当事務所に、新たに新62期の熊谷優花弁護士が加わりました。これで弁護士3名体制になります。彼女も三浦弁護士同様自分の事件を自由にやれるので、仙台弁護士会の先生方、何かありましたら気軽に声をかけてあげてください。三浦弁護士が入所したときは、丁度私が弁護士会の副会長で多忙だったこともあり質問されれば答えるという程度でした。最初の起案を見たときにはどうなることかと思いましたが、今ではすっかり一人前になり、事務所に架かってくる電話の7割以上は三浦宛です。今は時間があるので熊谷弁護士には少し丁寧に教えてあげようかなと思っています。
 昨日歓迎会兼忘年会でかに八に行ってきました。かにシャブコースにタラバの姿盛りと毛蟹の姿盛りを追加しました。タラバは甘みがあって美味しかった。毛蟹はとろけるように濃厚な蟹味噌が絶品でした。コースの中ではタラバの肩肉の唐揚げがおいしかった。これは初めて食べたのですがお勧めです。
 今日私のホームページのある記事について、理由は定かでありませんが削除要請がありました。私は公式の場での発言については発言者は責任を持つべきで、公表されて困るようなことは言うべきではないし、発言する以上はその内容について第三者が取り上げて論評することを甘受すべきだと考えています。民主主義を支える情報の自由な流通というのはそういうものだと思っています。ブログを実名で書いているのもそのような考えに基づいています。ですから理由のない削除要請には応じないのですが、公表を前提としない意見交換の場合、内容が公表されるなら発言しないという考えの方もいるわけで、そのような方の意見も含めて自由な意見交換をしたいというのであれば、理由のないことでもないと思います。敢えて揉めるほどの記事ではないので削除に応じることにしました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村

にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

2009年12月 5日 (土)

仙台グルメ(仙台でおいしいお店)

 仙台でおいしいと思う店を紹介します。今気に入っているのは次の店です。
1 ほんま(仙台料理)
  すっぽん料理で有名な仙台の老舗です。先日すっぽんコースを食べました。生き血はワインで割ってあるので飲みやすい。生き胆はかまずに飲み込みます。これはほとんど薬の感覚です。刺身はレバーがうまかった。黄色い小さな卵も濃厚でうまい。えんぺらはコラーゲンの固まり。すっぽん鍋は頭、手足が入っていて、甲羅が下に沈んでいる。見た目はかなりグロいが味は淡泊で悪くない。さすがに頭だけは残した。甲羅を食べられることは初めて知った。締めの雑炊は絶品。鍋はおいしい雑炊を食べるためにあると思った。
  去年はふぐコースを食べたがうまかった。ここのふぐ刺しは結構厚く切ってある。透けるような薄作りは見た目はよいがポン酢がしみすぎるので、このくらいの厚さの方がおいしいと思う。皮の湯引き、唐揚げも出てくる。鍋も普通の店ではあら汁に近いが、ここはちゃんと身が入っていておいしい。去年はこれで7300円だった。今年も忘年会で行こうと思っている。
2 かに八(かに料理専門店)
  かに料理の老舗。かに本家も悪くないがやはり仙台ではここが一番だろう。店に入るとかにのにおいがする。完全に建物にかにのにおいが染みついているのだろう。夏頃に行ったときには、かにしゃぶのコースにタラバの姿蒸しを追加した。注文したとき仲居さんに「コースを食べてから追加した方がいいかもしれませんよ」と言われた。商売っけのない店だなと不思議に思ったが、巨大なタラバが出てきたのを見てなるほどと思った。コースにはかにステーキも入っていて、かにしゃぶのかにもしばらく鍋に入れておかないと熱くならないくらい太かった。なんとか食べきったが、かにだけで腹一杯になったのは初めてだ。タラバの姿蒸しはでかすぎるので今度は毛蟹にしよう。値段はかなり高かった(タラバの姿蒸しは1万6000円)が高いお金を払う価値のある店だ。
3 客人(海鮮と寿司)
  事務所から近いのでよく行く。ここはとにかく白身のさしみがうまい。どうやって仕入れているのか分からないが普通の店ではまず出ないような珍しい魚を食える。メヒカリの唐揚げもお勧め。これは福島ではよく食べられているが宮城県ではあまり見かけない。口の中で身が解けるような食感が病みつきになる。この間初めて海鮮ちらしを食べたがネタがたくさん載っていておいしかった。これで1500円は安い。この店の唯一の欠点は締めの茶漬けやおにぎりがないことかな。肉料理はほとんどメニューにないので魚好き専用のお店。
4 一の谷(くじら料理専門店)
  仙台で唯一のくじら料理専門店。1年くらい行ってないのでそろそろ行きたい。ここの鯨の刺し盛りはびっくりする。定番のベーコン、紅白作りから尾のみ、睾丸、子宮、卵巣、さえずり、歯茎に至るまでくじらのあらゆる部位が出てくる。ステーキも竜田揚げもうまい。ためにシチューが出る。冬はハリハリ鍋が出てくる。おまかせで7000円位だが満足できる。
5 樹(たちきと読む、小料理屋)
  十年以上前からよく行っている海鮮料理の店。刺身がうまい。特にホッキ貝、ツブ貝、栄螺といった貝系がうまい。昔はアワビのバター焼きが2500円で食べられたのだがなくなってしまったのは残念。ドジョウが水槽に入れてあって唐揚げにして出していたのだがこれもなくなってしまった。是非復活を。この店は肉料理もある。焼き鳥は巨大でしかもうまい。おにぎりもびっくりするくらいでかい。事務所から少し遠いのが難点だが4000円位でも満足できる。
6 誉(たかと読む、鉄板焼き)
  メディアパークの近くで常禅寺通りに面している。誉コースが5500円。仙台牛にすると8500円。鉄板焼きとしてはリーズナブルなのでよく行く。フォアグラの西京味噌漬けという珍味がある。店オリジナルで作るのに手間がかかると言っていた。濃厚で酒のつまみに最適。但し口の中にずっと味が残る位濃厚な味わいなので、食べるのはコースが終わってカクテルでも飲みながらにした方がいい。いつも込んでいて少々騒がしい時があるのが難点。たまにプロの手品師が手品を見せてくれる。お金はお気持ちでと言われるのだが、2000円か3000円かで迷ってしまう。一応終わってお金を渡すと、ではもう一つと言ってまたやってくれるので、もしかしたら1000円でも構わないのかもしれない。
7 彩華(中華料理)
  中華料理の老舗。フカヒレづくしが食べられる。6300円、8400円、12600円の3コースあるが8400円のしか食べたことない。本当にフカヒレづくしで姿煮はもちろん、刺身から揚げ物までフカヒレが食べられる。ふかひれコース以外は結構リーズナブルな値段なので昼に行ってもよいかも。ただこの間行ったらあまりおいしく感じられなかった。気のせいかなと思ったが、別の人も不味くなったと言っていたので、もしかしたらシェフが変わったのかもしれない。フカヒレずくしをやっているのはこの店くらいなので、残念。
8 千本や(焼き鳥)
  特別においしいというわけではないが近いのでよく行く。ぼんじりというシッポの部分を出す店は珍しい。口の中で溶けるようでおいしい。もつ煮もうまい。酒が竹筒で出てくるのは風情がある。焼き鳥1本150円なのでお金はあまりかからない。
9 こちら丸特漁業部(海鮮料理)
  店の雰囲気は居酒屋に近いが、鯛・そい・平目の姿作りがリーズナブルに食べられる。食べ終わっても30分くらいはピクピク動いている位鮮度抜群。このピクピクが嫌だという人もいるが活造りはこうでなくちゃいけない。揚げ物類はお勧めできない。とにかくこの店は活け造りと寿司に限る。値段が安いのでいつも混んでいて騒がしいのが難点だが、新しくできたすし別館(昔銀粋があった場所)は比較的ゆったりしていてよかった。
10 泰華楼(中華)
    リーズナブルな中華屋さん。季節限定の牡蠣ラーメンがうまい。麻婆ドーフとレバニラ炒めがいい。昔は豚の耳を出していた。

 

 他には余り行ったことはないが、ステーキ小次郎は座敷で鉄板焼きが食べられて味もいい。但しラブホテル街のど真ん中にあるのが難点。
 TORICCOは比内地鶏が食べられる焼鳥屋さん。確かにうまかった。
 聘珍樓は個室を2回くらい使ったが値段と釣り合いがとれないし遠いのでもう行かない。
 鰻なら大観楼、いわま亭、竹亭か。
 蕎麦は仙台においしいところがない。強いて言えば安曇野、さん竹くらいか。事務所の向かいの「まるせん」が店を開けていない。病気だろうか。生まれたときからずっと食べてきた店なので再開して欲しいものだ。風邪を引いたときしか食わせて貰えなかった鍋焼きうどんをもう一度食べたい。
 基本的にチェーン店の居酒屋には行かない。回転寿司やファミレスにも行かない。せっかく外で食べるならおいしいものを食べたいし、わざわざ金出してうるさいところで飯を食べたくない。フランス料理や懐石料理も行かない。腹一杯にならないのに高い金を払うのは割に合わない。
 仙台でも東京資本のチェーン店が増えているが、親方が1人でやっているような店が一番おいしい気がする。


にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

宮城県議会海外視察住民訴訟

 宮城県では県会議員は任期中2回120万円の範囲で海外視察ができるとされていました(現在は1回、100万円以内)。地方自治法では、海外視察は議案の審理などに必要な場合に議会が派遣するとされているのですが、実際には観光旅行と大差ない視察内容となっています。そこでフランス海外視察、ルーマニア・イタリア等海外視察、アメリカ・カナダ海外視察についてその費用の返還請求を求めているのがこの裁判です。
 フランス視察について石川光次郎議員の証人尋問が行われました。この視察は自民党県民会議の議員3名が派遣されているのですが、実は自民党県民会議の議員7名によるフランス視察旅行のために海外視察制度を利用したものです。他の4名の議員は政務調査費で費用を賄っていました。石川議員は航空運賃について91万円を要するとして総額120万円を受領しましたが、実際には航空運賃が67万円しかかからなかったとの理由で後日差額を返還しました。しかしそれはオンブズマンが監査請求をした後にしかも旅行会社への支払い終了後半年もたってからのことです。また他の4名の議員の航空運賃はエコノミークラスで12万円しかかかっていないことも分かりました。このように視察が観光旅行と大差ないということにとどまらず、公金の使い方が杜撰かつ不明朗です。
 フランス海外視察は農業政策と公営カジノの調査が目的で観光政策調査は目的とされていません。しかし何故か視察初日の午前中に行ったのがルーブル美術館で、午後はカジノ見学です。2日目は午前中にフランスの日本大使館で大使館員からバイオマス事業の説明を受け、昼は2時間半もかけて食事をし、その後ノートルダム寺院を見て終わりです。3日目は農場見学し、その後帰国しました。観光旅行、カジノ旅行と評されても致し方ない内容だと思います。
 5月12日に自民党県民会議の中島源陽議員の証人尋問が行われました。実はこの旅行は自民党県民会議全員(7名)で行ったのですが、おもしろいことに海外行政視察として派遣された3名はビジネスクラス(68万円)を他の4名はエコノミークラス(12万円)を使ったと証言しました。しかしそのようなことは俄に信じられません。また旅行代理店への前払い分(7名分)は、本来派遣された3名についてしか使用できないはずの海外視察費が使われています。オンブズマンとしては、3名に交付された海外視察費が他の議員の旅費に流用されたと疑っています。審理は7月21日に結審しました。
 仙台地裁第1民事部は仙台市民オンブズマンの請求を全て棄却しました。裁判所はアメリカ・カナダ視察について「当初からアメリカの観光目的で企図されたものであるかのような誤解を与えかねないものであって(中略)その外形的態様は一般の観光客と大きく異なるものではなく、報告書の内容も単なる観光の感想にとどまり、県政との関連性が必ずしも明確とは言い難い上、県議の報告書としては不十分な部分が見受けられ、一般の観光旅行と異ならないとの批判を受けてもやむを得ない面があったほか(中略)わざわざ現地に行って視察する必要性や意義がなかったのではないかとの疑いを払拭し得ない面があった」と事実認定しながら、「県議として諸外国の観光都市における観光客誘致のための施策等を見聞することが県政に資する面があることもあながち否定できないところであり、(中略)それなりに知識を高めあるいは見聞を広めたことがうかがわれないではなく、そのことが県政に資する可能性も否定しがたく、一定の成果をあげたといえないこともない」として違法性を否定しました。こんな二重否定が連続する文章は見たことがない。内容以前に裁判所の国語能力を疑ってしまいます。フランス視察については「外形的には、観光目的の見学と区別し難い面があるといわざるを得ない」「それ自体としてはフランスに派遣してまで調査させる合理的必要性に疑念を生じさせるものといわざるを得ない」「外形的には単なる観光目的の見学と紛らわしい面がある」と事実認定しながら、「その成果については必ずしも十分なものとはいい難いものの、まったく合理的な必要性のないものであったとまでは談じ難く」として違法性を否定しました。
 つまり裁判所は「県政に資する面が全くなく」「それなりに知識を高めあるいは見聞を広めたことすらうかがわれず」「まったく合理的な必要性のないものであったと談じられる」場合でなければ何をやっても違法ではないというのです。これって一体どんな場合が考えられるのだろう。目的地と全く違う場所に行ったり、一日中ホテルに籠もって酒を飲んでいたというような極端な場合しか想定できません。議会の裁量の名の下に無制限な観光旅行を許容する判決は許し難いので、オンブズマンは直ちに控訴しました。高裁では良識ある判断をして欲しいものです。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31