フォト

« 河北新報夕刊トップ記事 東西線の鼓動 | トップページ | 日弁連選挙と派閥 »

2010年2月 6日 (土)

日弁連会長決まらず 史上初の再投票に

リンク: 日弁連会長決まらず 史上初の再投票に(産経新聞) - Yahoo!ニュース.

日弁連会長決まらず 史上初の再投票に
 日本弁護士連合会(日弁連)の次期会長選は5日、投開票が行われ、多重債務や貧困問題に取り組む宇都宮健児氏(63)=東京弁護士会=と、日弁連前副会長の山本剛嗣氏(66)=同=の両候補がいずれも、日弁連の会則に定められた当選の要件を満たさなかったため、当選者が決まらず、後日、再投票が行われることになった。日弁連の会長選が再投票となるのは初めて。今回の会長選は、宮崎誠会長の任期満了に伴って行われた。5日の仮集計では、山本氏が9525票を獲得し、宇都宮氏の8555票を上回った。しかし、宇都宮氏は全国52弁護士会のうち、42会で山本氏を上回る得票を得た。日弁連の会則によると、会長は全弁護士の投票で選ばれるが、当選するためには、最多得票を獲得した上で、全国の弁護士会の3分の1以上にあたる18会で最多票を得る必要がある。再投票は同じ方式で3月半ばにも、両氏を候補者に行われるが、それでも決定しなかった場合、新たに候補者を募った上で、「再選挙」が行われる。

 これまで例外なく東京三会と大阪の派閥のボスが交代で会長になってきたことを考えれば、正に快挙ですね。事実上の宇都宮氏の勝利と言ってもよいのでは。山本氏は今回の選挙で従来の司法改革(改悪)路線の継承を掲げ、歴代日弁連会長の全面支援を受けました。にもかかわらず投票総数でも約1000票差、単位会の獲得数42対9(同数1)では恥ずかしくて再選挙に出られないのではないか。総得票数で上回ったのも、単に東京、大阪の大派閥の締めつけによるものであって、大規模会の会員も、本音は山本氏を支持していないのではないかと思うのだが。
 単位会の支持では多分宇都宮氏が3分の2以上を確保すると思っていたが、これほどの大差がつくとは思っていなかった。単位会無視、一般会員軽視、東京と大阪で委任状集めれば何でもできるという、これまでの日弁連執行部がいかに裸の王様だったかが示されたと言えよう。日弁連会長になったあかつきには、宇都宮氏には日弁連の官僚支配と2000年11月日弁連臨時総会以後の敗北主義に終止符を打ってもらいたい。
 思えばこの10年間、司法改革の美名の下にとんでもないことが次々と行われた。馬鹿げた大増員、それがもたらした弁護士の就職難とビジネス化、広告解禁による過払い専門事務所の横行、欠陥だらけの裁判員制度、粗製濫造・金持ちの師弟しか司法試験を受けられないロースクール制度、お門違いの司法手続きへの被害者参加、法務省が支配する国選弁護と法律扶助、数え上げればきりがない。弁護士過疎の解消という面で一定の成果をあげたことは評価できるが、総体としては失われた10年と言っても過言ではない。
 合格者は500名に戻せとは言わないが1500名程度が限界だろうし、広告も昔のような全面禁止に等しい規制をすべきではないがテレビCMは不要だろう、裁判員制度も選択制の導入や適用範囲の限定をすれば使えないわけでもない、ロースクールも当初の構想どおり10~20校程度に絞って医学部と同程度の国費による助成を行えばそれ自体は悪くないかもしれない、被害者参加はむしろ有罪確定後の行刑の場面で図るべきだ、法テラスは運営主体を見直せばよい。10年かかって悪くなっていったものを直ぐに直せるものではないが、少しずつでも改善していって欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 河北新報夕刊トップ記事 東西線の鼓動 | トップページ | 日弁連選挙と派閥 »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/33271338

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連会長決まらず 史上初の再投票に:

« 河北新報夕刊トップ記事 東西線の鼓動 | トップページ | 日弁連選挙と派閥 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31