フォト

« これって温泉 地下2000メートルから温泉掘削 | トップページ | 仙台空港アクセス線 甘い需要予測で破綻寸前 »

2010年2月13日 (土)

温泉の選び方 温泉は「湧いている」と思いますか

 温泉は「湧く」と表現しますね。一般の方は源泉とは、地下から地表に温泉が湧いている場所というイメージを持っているのではないでしょうか。たしかに「湧いている」のですが、温泉法上の「湧出」とは「自然湧出」に限らず地下からポンプで汲み上げることも含んでいます。最近のポンプは高性能なので地下2000メートルからでも温泉(地下水?)を汲み上げることができます。これって本当に温泉が湧いていると言うのでしょうか。
 県内の有名な温泉地でも、現在では掘削深度は700~1000メートルが当たり前です。地下水温は100メートル当たり3度上昇するので、そんだけ掘れば別に温泉地でなくとも温泉法上の温泉は湧きます。それを加熱して「何々の湯」とあたかも効能あらたかなように称しているのが現実です。
 数は少ないですが、県内でも自然湧出の温泉があります。地震で大きな被害が出た栗原市温湯地区はその数少ない1つでした。深さ65~100メートル位の所から地表に自然湧出していました。残念ながら地震の影響で自然湧出が停止したようです。単に湧出路が塞がれてしまったのかどうか分かりませんが、同じ地区で深度500メートルの源泉に温泉動力装置(汲み上げポンプ)の設置申請が出されたので、温泉が湧出しづらくなったのはたしかなようです。
 別に浅いところからの自然湧出しているから効能があるとか、深いところから汲み上げているから効能がないということが証明されているわけではありません。ですが一般論としては浅いところから出る高温の温泉はいわゆる火山性温泉であって、豊富な鉱物質を含有しているので医治効能も高いことが多いとは言えるでしょう(もちろん低温でも医治効能の高い温泉も存在しますが)。温泉旅館を選ぶときはこんなことも知っておいた方がおもしろいのでは。ちなみに私が昔よく行った鎌先温泉のある源泉も自然湧出でした。
 ただ残念ながら県内のほとんどの温泉地の源泉は自然湧出ではありません。自然湧出かどうかにこだわると行く温泉旅館がなくなってしまいます。むしろ源泉掛け流しか濾過循環か、加熱しているか、加水しているかがポイントでしょう。一見すると加水は効能が薄れてよくないような印象を持ちますが、そうではありません。源泉が高温だから加水するのであってむしろ高温の良い温泉の場合が多いと思います(源泉の湯量が少ないために加水した上でさらに加熱しているのは論外ですが)。加熱はあまりお勧めできません。濾過循環は私としては温泉とは呼びたくありません。銭湯に行った方がより衛生的では。源泉掛け流しでかつ少し加水している位の温泉がよいような気がします。
 とはいっても温泉の医治効能は決して直ぐに効くというような性質のものではないので、旅行の際は、むしろ浴場の雰囲気、眺望、温泉の色や臭気を第一に選択した方がよいのかもしれません。一つだけポイントあげると温泉の肌触りはアルカリ性の程度で決まります。いわゆるうなぎの湯と呼ばれるぬるぬるした感触の温泉はアルカリ性が高いのです。七ヶ宿町にある温泉(旅館ではない)の一つはものすごい高アルカリ性温泉で、本当にぬるぬるでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« これって温泉 地下2000メートルから温泉掘削 | トップページ | 仙台空港アクセス線 甘い需要予測で破綻寸前 »

事件・裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/33363218

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉の選び方 温泉は「湧いている」と思いますか:

« これって温泉 地下2000メートルから温泉掘削 | トップページ | 仙台空港アクセス線 甘い需要予測で破綻寸前 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31