フォト

« 仙台市がアンパンマンミュージアムに2億円出資 そんな必要あるのか | トップページ | 法科大学院生・司法修習生の経済事情 日弁連司法修習委員会ニュース »

2010年3月 1日 (月)

鯨料理専門店一乃谷が閉店

 先日久しぶりに鯨料理専門店の一乃谷に行ったら、来月限りで閉店して東京に移転すると言っていた。仙台というより東北で唯一の鯨料理専門店だったので残念だ。出てきた鯨の刺身は、相変わらず定番のベーコン、紅白作りから歯茎まであらゆる部位がのっていて、東京で出せばこれだけで1万円はする。鯨の大和煮が出てきたが、これはこの店では初めて食べた。缶詰とは全く違ってコラーゲンたっぷり。親方曰く、缶詰の大和煮は実は鯨の赤身に豚の脂肪を混ぜたもので、本当の鯨の大和煮はこれだとのこと。最後に食べられてよかった。
 最近は普通の和食の店でも鯨を出すところが結構あるが、大体はベーコンに紅白作り、竜田揚げがせいぜいだ。鯨食の文化ももうすぐなくなってしまうのだろうか。昔親父がよく縁側で酒を飲んでいたが、つまみはいつももろきゅうと鯨のベーコンだった。私はベーコンの脂身の部分が好きでよくそれだけもらって食べていた。思えばそれは贅沢にも、今では絶対食べられないシロナガス鯨やゴンドウ鯨のものだったのだろう。ミンク鯨すら自由に食べられなくなるとは。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 仙台市がアンパンマンミュージアムに2億円出資 そんな必要あるのか | トップページ | 法科大学院生・司法修習生の経済事情 日弁連司法修習委員会ニュース »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/33578120

この記事へのトラックバック一覧です: 鯨料理専門店一乃谷が閉店:

« 仙台市がアンパンマンミュージアムに2億円出資 そんな必要あるのか | トップページ | 法科大学院生・司法修習生の経済事情 日弁連司法修習委員会ニュース »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31