フォト

« 「海兵隊 全面撤収」求める ネットで賛同募る(琉球新報) | トップページ | 歯科医と弁護士の凋落 私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ »

2010年4月25日 (日)

債務整理、一部を「外注」 実績最大の法律事務所MIRAIO

リンク: 河北新報 内外のニュース/債務整理、一部を「外注」 実績最大の法律事務所.

 債務整理件数が国内最大規模の「法律事務所MIRAIO」(東京、旧法律事務所ホームロイヤーズ)が、依頼者からの聞き取りなど業務の一部を外部に委託していたことが24日、事務所関係者の話で分かった。
 債務整理は法律事務で、弁護士や認定司法書士にしか認められていない。事務所職員が弁護士らの指揮監督下で一部を担うことはあるが、日弁連多重債務対策本部の新里宏二事務局長は「委託先が指揮監督下にあるか非常に疑問。弁護士法に触れる恐れもある」と指摘している。
 MIRAIO代表の西田研志弁護士は「すべて法律業務とは無関係の一般事務。聞き取りなどは詳細なマニュアルに従っており、個人の判断が入る余地はなく、なんら問題はない。ただ効率が悪いため6月をめどにやめる予定」としている。

 報道によるとMIRAIOはコールセンター運営会社に、依頼者からの電話受付だけではなく、債務状況の聞き取り、貸金業者への受任通知発送と取引履歴開示請求まで外注していたとされる。さらに別のデータ処理会社に利息制限法に基づく債務の再計算を委託していたとされる。自分でやっているのは受任契約書作成、業者との和解交渉と回収金の振り込み位ということになる。
 多重債務者はそもそも自分の債務状況を正確に把握していないこともあるし、保証人のついた債務などを隠すことも少なくない。債務状況の聞き取り位は弁護士がやらないと、債務整理でやるか自己破産を選択するか、債務整理するとしてどのような和解案が適切かの判断は難しいのではないか。コールセンターのお姉さんに正確に言わない依頼者が悪いので自己責任ということになるのだろうか?
 自分の事務所でやらずにコールセンター運営会社を使うのは税務対策のためだろうか?6月を目処にやめるというが、コールセンター運営会社の社員を事務所の事務員に転籍させるだけのことで実質は変わらないのだろう。
 利息制限法に基づく債務の再計算を外注するのは普通のことだし、依頼者からの聞き取りも、弁護士がやらないで事務員に任せっぱなしにする事務所も少なくない。MIRAIOだけを責められないかもしれないが、コールセンター運営会社まで作って業務委託するのはやり過ぎだろう。
 それにしても昔はサラ金に利息制限法への引き直しを認めさせるだけでも延々と電話でやり合ったものだ。その頃のトラウマで今でも電話が大嫌いで携帯も持たない。ベルトコンベアーに乗せるような処理ができるとは楽な時代になったものだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 「海兵隊 全面撤収」求める ネットで賛同募る(琉球新報) | トップページ | 歯科医と弁護士の凋落 私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/34383412

この記事へのトラックバック一覧です: 債務整理、一部を「外注」 実績最大の法律事務所MIRAIO:

« 「海兵隊 全面撤収」求める ネットで賛同募る(琉球新報) | トップページ | 歯科医と弁護士の凋落 私立歯大の定員割れ拡大、高収入のイメージ崩れ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31