フォト

« 急増する弁護士トラブル 放送予定|NHK 追跡!AtoZ | トップページ | 牧太郎の大きな声では言えないが…:新米弁護士は今… - 毎日jp(毎日新聞) »

2010年9月11日 (土)

奥山市長は箱物がお好き  仙台市「水族館なお誘致」 

リンク: 河北新報 東北のニュース/仙台市「水族館なお誘致」 市議会が代表質疑.

 仙台市議会9月定例会は10日、本会議を開き、代表質疑を行った。マリンピア松島水族館(松島町)の仙台移転が頓挫した問題で、市は水族館の誘致活動を継続する方針を明らかにした。
 山内晃企画調整局長は「事業者側が引き続き新たな事業スキームを検討していると聞いている」と述べた上で、「水族館は地域経済の活性化のみならず、教育面での効果が高い。多くの市民が期待を寄せており、今後も誘致の実現に向けて関係者と協議や情報交換を進めたい」と答弁した。

 仙台水族館構想は仙台市がいったん10億円の出資を決めたものの事業者が資金調達できずに頓挫した。もうあきらめたのかと思っていたがなお誘致活動を継続するそうだ。仙台市の財政状況は、仙台市男女共同参画推進センターエル・ソーラ仙台の縮小や敬老乗車制度の見直しまでやらざるを得ないほど悪化しているというのに。どうして箱物だけには景気よく10億も出そうとするのだろう。
 仙台市は、「水族館は地域経済の活性化のみならず、教育面での効果が高い」と言う。しかし水族館ができたからといって地域経済が活性化するのだろうか。若干の雇用と僅かな観光客の増加位しか思い浮かばないが。教育面での効果と言うが、問題はそれが10億円に見合ったものかということだ。
 例によって過大な入場者数を前提にした事業計画を作り、開業数年後には赤字に転落するのがおちだろう。そうなったら補助金を投入するのだろうが、地域経済活性化どころか新たな財政負担を強いられることになる。
 仙台水族館が本当に採算の取れる事業なら仙台市が出資しなくとも金融機関からの融資で建設できるはずだ。自治体の出資=赤字施設というのは全国各地の三セク事業を見れば明らかだ。仙台市の本音は水族館完成後の「地域経済の活性化」や「教育面での効果」ではなく建設工事自体による経済効果なのだろう。そういう公共事業は一時的な効果しかなく結局財政赤字として跳ね返ってくるということに仙台市はまだ気付かないようだ。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 急増する弁護士トラブル 放送予定|NHK 追跡!AtoZ | トップページ | 牧太郎の大きな声では言えないが…:新米弁護士は今… - 毎日jp(毎日新聞) »

仙台市民オンブズマン」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/36674558

この記事へのトラックバック一覧です: 奥山市長は箱物がお好き  仙台市「水族館なお誘致」 :

« 急増する弁護士トラブル 放送予定|NHK 追跡!AtoZ | トップページ | 牧太郎の大きな声では言えないが…:新米弁護士は今… - 毎日jp(毎日新聞) »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31