フォト

« 尖閣沖衝突画像流出 勇気ある行動か | トップページ | 大阪地検特捜部証拠改ざん事件 「検察の在り方検討会議」に対する申し入れ »

2010年11月14日 (日)

大阪弁護士会のこの懲戒処分は酷すぎないか

  大阪弁護士会がある弁護士を戒告処分とした。理由は、弁護士法23条の2の弁護士照会申出に当たって、申出の理由に明らかに不必要で懲戒請求者をいたずらに貶めるおそれのある記載をし、所属弁護士会をして照会の申出の理由を被照会者にあてて送付せしめたからというものだ。
  しかしこれは全く筋の通らない処分だと思う。弁護士照会の主体は弁護士ではなく弁護士会であり、被照会者に報告を求めるのは疑いもなく弁護士会だ。そもそも条文上弁護士照会を申し出るに当たって申出の理由を記載することなど求められていない。ただ理由の記載がないと照会してよいかどうか弁護士会が判断できないので、弁護士会の判断の便宜のために実務上理由の記載が求められているに過ぎない。照会申出の理由を被照会者に送付するかどうかは弁護士会が判断すべき事項であることは明白だ。
  ちなみに仙台弁護士会の書式には
照会申出書は弁護士会に2通提出いただき、1通を照会先に送付する扱いとしております。照会先に照会申出書の送付を希望しない場合、必ずその旨付記し、照会事項書の副本をご提出下さい。ただし、照会先に理由を開示したほうが回答がより得られやすいと判断されるときは、照会事項書に差し支えない範囲で上記2、3の事項を御記載下さい。」と書かれている。私はこの原則と例外は逆であるべきだと思っているが、照会申出の理由が記載された照会申出書を送付するかどうかの扱いを決めるのが弁護士会であることに変わりはない。
 大阪弁護士会は本件申出の理由が「
明らかに不必要で懲戒請求者をいたずらに貶めるおそれのある記載」だと言うが、そのように認識しているならそもそも被照会者に送るべきではない。送るべきでないものを自らの判断で送ってしまった責任を棚に上げて「所属弁護士会をして照会の申出の理由を被照会者にあてて送付せしめた」という論法は責任逃れも甚だしい。照会申出の理由に仮に大阪弁護士会が認定したような記載がされているとしても、被懲戒者はそれを守秘義務のある弁護士会に提出しただけで外部に漏らしたわけではない。制度上大阪弁護士会が送付するかどうかの判断に関与しないというなら「送付せしめた」と言えるであろうが、そうでない以上送付した(漏らした)のは大阪弁護士会である。それを理由に当の大阪弁護士会が懲戒処分するというのはどう考えても筋が通らない。筋が通らない以前に「送付せしめた」という事実認定をすることはできず誤った懲戒処分だと思う。
 しかもこの件は照会申出が不法行為に当たるとして裁判になり、プライバシーを暴露しようとしたものではなく不法行為に該当しないとの判決が出されている。これについて大阪弁護士会は「民法上の不法行為該当性と懲戒事由該当性は別個の問題であり」と言う。たしかに違法とは言えないまでも著しく反倫理的という事態は想定できないではない。しかし法は国民の行為基準でありそのような事態は希であろう。大阪弁護士会が上げる理由からは本件がそのようなケースだと読み取ることはできない。裁判所の判断を前提にする限り「弁護士としての品位を失うべき非行」には該当しないと思う。
 自由と正義を見ていると酷い弁護士もいるものだと思うし、この懲戒処分は軽すぎないかというものも結構ある。その反面これで懲戒されたのでは堪らないというものも散見されるように思う 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

« 尖閣沖衝突画像流出 勇気ある行動か | トップページ | 大阪地検特捜部証拠改ざん事件 「検察の在り方検討会議」に対する申し入れ »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/38552536

この記事へのトラックバック一覧です: 大阪弁護士会のこの懲戒処分は酷すぎないか:

« 尖閣沖衝突画像流出 勇気ある行動か | トップページ | 大阪地検特捜部証拠改ざん事件 「検察の在り方検討会議」に対する申し入れ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31