フォト

« 着手金1260万円!住民訴訟で高額な弁護士費用 市財政に重荷 | トップページ | 大阪弁護士会の懲戒処分が取り消し »

2011年2月12日 (土)

日弁連特別会費値上げ(朝日新聞社):社説

リンク: asahi.com(朝日新聞社):社説.

   警察に逮捕され、勾留が決まると国の費用で弁護士を頼むことができる。ただし刑の軽い容疑はその対象にならないなど、捜査の行きすぎをチェックできないケースも少なくない。少年の場合、話は一層ややこしい。捜査が終わり家裁に事件が送られると、援助の範囲は大人より狭まり、弁護士がつくのは一部に限られる。こうしたすき間を埋めようと、日本弁護士連合会は基金を設け、そこから担当弁護士に報酬を支払う活動を続けてきた。ところが資金不足が予測されるため、東京で臨時総会を開いて、3万人弱いるすべての弁護士から集める会費を増やすことを決めた。私たちの社会のあり方や国民の人権の擁護、法律家の役割などいろいろ考えさせる「値上げ」といえる。
 あわせて、犯罪被害者や虐待を受けている子ども、精神障害者、外国人らが法的な保護を求める際に弁護士費用を用立てる基金の充実も決めた。お年寄りなどが生活保護の申請をする際の手助けにも充てられるもので、近年、利用件数は急増している。弁護士は特別会費として、双方の基金のために毎月5500円を当面拠出する。
 日弁連は、いずれの事業も公益性が高く、本来は国や公的機関の費用でまかなうべきだと主張する。ぐるり回って多くが弁護士の懐に入るお金かもしれないが、だからといって弁護士会に負担させるのは確かに筋が違う。切実な問題に直面しているのに、弁護士を頼めず権利を実現できない。そんな人がいるのなら、同じ社会の構成員である私たちの税金から相応の応援をするべきだろう。事業に必要な費用そのものは年20億円ほどだ。だが、生活保護の総予算や捜査・裁判、精神保健行政などに直接間接の影響が及ぶことも考えられる。どういう順番や規模で進めるべきか、議論を深めていきたい。
 こうした仕組みを築き、運用していくには、全国に担い手となる弁護士が存在しなければならない。この国にどれほどの数の弁護士が必要かという論争にも関連してこよう。
 弁護士会は約20年前、逮捕された人からの電話一本で弁護士が警察署に無料で駆けつける当番弁護士制度を始めた。この取り組みが、早い段階から弁護士がかかわることの重要性を社会に気づかせた。裁判員制度もその土台の上に成り立っている。借金の整理をめぐって相談にきた人を食い物にする弁護士もいて、日弁連への風当たりはきつい。一方で、こうした地道な実践と提言は、法律専門家に期待される社会的使命である。身銭を切って提起してきた問題にどう応えるか。「職域拡大運動ではないか」との冷めた見方もあるが、それで片づけていい話ではあるまい。

  これって好意的な記事なんだろうか?
  「ぐるり回って多くが弁護士の懐に入るお金かもしれないが」
  少年付添や虐待事件で一体いくら貰えると思っているのだろう。こういう卑しい発想をすること自体で書いている人間の品性が分かろうというものだ。

   「職域拡大運動ではないかとの冷めた見方もあるが」
  そういう見方をするのは朝日新聞だけでしょう。そもそも、需要を掘り起こす努力が足りないとさんざん弁護士を叩いておきながら「冷めた見方」っていう言い草はないだろう。
  「借金の整理をめぐって相談にきた人を食い物にする弁護士もいて、日弁連への風当たりはきつい」
  お宅の新聞には負けるよね。他紙と比べると世間ではかなり酷い言われ方してますよ。
   「こうした仕組みを築き、運用していくには、全国に担い手となる弁護士が存在しなければならない。この国にどれほどの数の弁護士が必要かという論争にも関連してこよう」
   なるほど結局最後は弁護士増員ですか。
   日弁連の主流派?多数派?はこの記事を見て珍しく朝日新聞に褒められたと大喜びするのだろう。しかしブログを見るとこんな記事が書いてある。こういう意見の方が多数派だと思うが。

 http://red.ap.teacup.com/redcat/704.html
 「日弁連総会、なかなか面白かったです。非常にいろいろタメになった。うん。面白い。確かに面白い。これは面白い。素晴らしいですよ。マジに。伝わりますかね。この感動が。すっごい変なものが見れますよ。言葉で表現するのは難しいんですけど…なんつーか、今まで私は本当に分からなかった。「どうしてこんなに日本の弁護士会を含めた司法制度はデタラメなんだろう。何が悪いんだろう。誰が悪いんだろう。どうしてわざわざ悪くするんだろう。とりあえず誰を呪っておけばいいんだろう」とか思っていたんですけど、見えた気がします。暗黒の帝王の片鱗が。深淵の奥底にある真の姿が。そしてコイツは、本当に最強の敵のようです。確かに戦いを挑む勇敢な者も沢山いるんです。そういう意味では、まだ私も人類に希望が持てる。けれど、悲しいことにオル○ガは火山の火口で消息を絶つんですねぇ…。「過去に何人もの勇敢な戦士が旅立ったが、戻ってきた者は誰もいない」状態。敵は恐ろしい力を持っていて、人々の持つ負のエネルギーを糧にしています。私が思うにですね。■トの血を引く伝説の勇者が出現しない限り、倒せそうにない。(すでに投げやり)で、結局どうなったかっつーと議案は全て可決されましたがな。特別会費は値上げっす。うわおびっくり。世界一バカ高い日本の弁護士の会費が、それでも足りないとおっしゃる。そしてそれが圧倒的多数決によって可決されてしまうんだ。総会の会場内も委任状も、圧倒的に賛成派の巣窟。反対派による反対意見には、拍手はまばら。賛成派による賛成意見には、壮大な拍手。反対派による意見は、次々に出てきてそれらは非常に胸を打つ感動的なものだったですが(その辺、やっぱ弁護士って強いよね…)でもダメです。フツーに取材として見ている自分の目にも、理は反対派にあるように感じられたんですけど、最初っから勝負は決まっているんですね…。私と期の近い若い方も、果敢に反対意見を述べていらして心から敬服をしました。だって、私には無理だもん。目立つの嫌だもん。せめて拍手で応援するくらいしかないですけど私の周囲は、みんな賛成派だったらしくて誰も拍手なんてしていなくて、本当に心細かった。寂しかったけど、でも私に出来ることは、これくらいだから。そう。私の前後左右にいる方々は、みな賛成派。会費増額賛成派なんです。普段はそんな人達を見ることはないけれどなぜか総会には、大勢揃っているんです。賛成派は一体何を考えているのか。非常に興味があったので、こっそりと賛成派の方々の雑談に耳を傾けていました。(聞こえるように話す方が悪い!)・・・・・。大きな闇の存在を見たのは、まさにソコだった。彼らには、意見を通す意志も信念もない。彼らはただ、自分の上に従っているだけなんだ。彼らの上には何があるか。それは、若い人にとっては自分の会費を払ってくれるボスの意思であり(そんな彼らには、会費値上げも怖くなかろう)ボスにとっては、派閥の意思なんだ。けれど、本当に怖いのは、そんなもんじゃない。賛成派が大多数になってしまう、その世界。けれど私の知っている範囲で、その議案に賛成する人は見ないんですよ。反対派は、総会に来ない。委任状も出さない。出しても白紙委任。だから、賛成の可決を止めることが出来ないんだ。出席会員(委任状含)のたった3分の1の反対さえあれば、阻止することの出来た議案なのに、それすらも意思形成することが出来ない。面倒くささ。意思のなさ。無責任さ。根拠のない信頼。諦め。他力本願。誰かが止めてくれる。そんな負のエネルギーを、敵は糧として強大化しているんだな。ふう。バカみたいだ。会費なんて、むしろ値下げするべきなのに、なんで上げるんだよ…。必要性をそんなに訴えるなら、せめて一般会費を削減してからだろう。」

 http://iwanagalaw.blog.shinobi.jp/Entry/209/
 「何故臨時総会を開くのか、その理由の仔細は述べませんが、ある議題群の議決が必要だということですね。ちなみに、私自身はその議題群に反対です。弁護士のやる(出す?)ことではないからです。
弁護士=左翼というイメージが長くあり、今現在もそのイメージで大間違いではないのですが、要するに政権政党との隔たりが従前大きかったのです。最近は弁政連を結成し、各政党との連絡を密にしているようですが、まだまだロビー活動としては弱いわけです。そうすると、上記のとおり、本来やらなくてもよいこと(例えば、国がやるべきであり、かつそれが望ましいこと)を押し付けられ、結局末端の会員に押し付けるべく、臨時総会を開かねばならない、という羽目になるわけです。ばっかみた~い~、ですね。」

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村

人気ブログランキングへ

« 着手金1260万円!住民訴訟で高額な弁護士費用 市財政に重荷 | トップページ | 大阪弁護士会の懲戒処分が取り消し »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/38843307

この記事へのトラックバック一覧です: 日弁連特別会費値上げ(朝日新聞社):社説:

« 着手金1260万円!住民訴訟で高額な弁護士費用 市財政に重荷 | トップページ | 大阪弁護士会の懲戒処分が取り消し »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31