フォト

« 「造血幹細胞採取は不要」と原子力安全委 作業員の命より政治的配慮か | トップページ | 多賀城市での震災出張相談 »

2011年4月 4日 (月)

放射能漏れ防止「数カ月後に」 大本営発表

リンク: 放射能漏れ防止、「数カ月後に」=東電も目標明示を―細野補佐官 (時事通信) - Yahoo!ニュース.

 細野豪志首相補佐官は3日朝のフジテレビの番組で、東京電力福島第1原子力発電所からの放射性物質の漏えいを止めるめどについて、「これ以上の放射能の外部への排出は、もう許されない。おそらく数カ月後が一つの目標になる」と述べた。また、こうした目標を東電も国民に示すべきだとの考えを示した。
 番組終了後、細野氏は記者団に「事故直後は、炉心溶融(メルトダウン)の危機的な状況を止めるためなら、放射性物質が出ることも認めざるを得ない状況にあった。でも、そういう状況は脱した」との認識を示した。

 枝野幸男官房長官は3日の記者会見で、細野豪志首相補佐官が東京電力福島第1原発の放射性物質(放射能)の外部放出を食い止める目標時期について「数カ月後」と言及したことについて、「オーソドックスなやり方なら、そうだと理解している」と同調した。(産経新聞)

  これで説明になっているのだろうか。「オーソドックスなやり方なら、そうだと理解している」と言うが、「オーソドックスなやり方」の内容を言ってもらわないと何のことか分からない。
  原子炉の循環・冷却機能が復活すれば数日で冷温停止になる。「数ヶ月が一つの目標」ということは、原発の循環・冷却機能の復旧は見込めないことを意味する。循環・冷却機能の復旧作業は中断しており、中断の原因である汚染水除去や新たな漏出防止の見通しも立たない以上復旧など見込めないことは容易に推測できる。つまり「オーソドックスなやり方」とは現在の給水による冷却継続の場合を意味しているのだろう。
  問題はその場合にどのような事態が想定されるかだ。政府の見解は、この方法で「数カ月後」に冷温停止に持っていけるということだろうが、それが可能である科学的根拠は示されていない。注水だけで核燃料を冷やさざるを得なくなった場合どれだけの時間がかかるのかについて、京都大の宇根崎博信教授(原子力工学)は、「1年後には崩壊熱は現在の5分の1程度にまで小さくなる」と指摘している。数ヶ月では冷温停止には持っていけないようだ。
  仮に数ヶ月で済むとしても、その数ヶ月の間に格納容器内で水素爆発が発生したり、核燃料が溶融して格納容器を貫通し、格納容器内の大量の水に反応して水蒸気爆発を起こす可能性は十分あるのではないか。そうならない説明は全くなされていない。
  たぶん答えは「格納容器が耐えてくれることを信じるしかない」ということだと思うが、それならそれできちんとそのことを言うべきだし、万一格納容器が耐えられなかった場合にどうなるかについても国民に説明すべきだ。それをしないで現状の放射性物質の飛散状況を前提とした避難地域の設定しかしないのでは無責任だと思う。同心円状の20キロの避難区域の設定に科学的根拠がないことは放射性物質の飛散予測シュミレーションを見れば明らかだ。http://www.spiegel.de/panorama/bild-751072-192707.html
  また「こうした目標を東電も国民に示すべきだとの考えを示した」とあるが、この点が一番大きな勘違いで国民が政府を信じられない根源だと思う。現実に作業をするのは東電の従業員かもしれないが、もはや一私企業の問題ではないのだから東電が国民に示すのではなく政府が国民に示さなければならない。この他人事の姿勢が変わらない限り希望を持とうにも持てない。格納容器が耐えてくれることを信じるしかないが、間違っても格納容器内の圧力が高まった場合のドライベントのタイミングだけは逸しないでほしい。循環・冷却機能喪失時に注水とベントの機会さえ逸しなければこんな酷い事態にはならなかったのだから。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 「造血幹細胞採取は不要」と原子力安全委 作業員の命より政治的配慮か | トップページ | 多賀城市での震災出張相談 »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39480020

この記事へのトラックバック一覧です: 放射能漏れ防止「数カ月後に」 大本営発表:

« 「造血幹細胞採取は不要」と原子力安全委 作業員の命より政治的配慮か | トップページ | 多賀城市での震災出張相談 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31