フォト

« こだまでしょうか?いいえ、東電です  | トップページ | 災害弔慰金と死亡診断書(死体検案書)の死因の記載 »

2011年4月11日 (月)

福島原発の損傷状況と放射性物質飛散量についての仏アレバ社の見方

http://www.seyth.com/ressources/quake/AREVA-Document.pdf#search='The Fukushima Daiichi Incident  AREVA'
 福島第一原発の損傷状況と放射性物質飛散量についての仏アレバ社の見方が掲載されている。燃料棒はかなり溶解していると見ている。3月27日付の資料だが現状はどのように分析しているのだろう。政府や東電も訳の分からない説明していないでこういうプレゼンをして欲しい。
アレヴァ (仏:AREVA SA、
Euronext: CEI ) は、フランスに本社を置く世界最大の原子力産業複合企業で、傘下に複数の原子力産業企業を有する。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« こだまでしょうか?いいえ、東電です  | トップページ | 災害弔慰金と死亡診断書(死体検案書)の死因の記載 »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39570567

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発の損傷状況と放射性物質飛散量についての仏アレバ社の見方:

« こだまでしょうか?いいえ、東電です  | トップページ | 災害弔慰金と死亡診断書(死体検案書)の死因の記載 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31