フォト

« 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 保安院も取り繕うのはやめて事態を直視して欲しい | トップページ | 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? »

2011年5月15日 (日)

2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい

リンク: 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

  東京電力は14日の記者会見で、2、3号機の原子炉について「最悪の場合、1号機と同様のケースが想定できる」と説明し、核燃料全体の溶融(メルトダウン)の可能性を初めて認めた。
  1号機では、11日に水位計を調整した結果、炉内の水位が低く、燃料が冷却水から露出して溶けたことが確実となった。2、3号機の水位計はまだ調整していないが、1号機と同じ仕組みのうえ、もともと1号機より低い水位を示している。
  ただ、東電は炉内の温度などから、2、3号機は1号機より燃料の損傷が少ないと推定している。最終更新:5月14日(土)

  東電が正直に認めたことは評価できる。しかし「炉内の温度などから、2、3号機は1号機より燃料の損傷が少ないと推定している」というのは意味不明だ。核燃料全体の溶融(メルトダウン)は燃料損傷の最終形態であって損傷が大きいも少ないもあったものではない。この記事を書いた記者はメルトダウンの意味を理解しているのだろうか?
  そもそも炉内の温度が正確に測定されている保証はない。気休めを言っておいて後で訂正するのが東電流だ。多分近いうちに炉内の温度も訂正されるだろう。
  起きてしまったメルトダウンのことはもういいから、圧力容器の底は抜けていないのか、抜けていないとして3000度に達するとされている核燃料にいつまで耐えられるのかについての科学的説明を報道して欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 保安院も取り繕うのはやめて事態を直視して欲しい | トップページ | 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39996654

この記事へのトラックバック一覧です: 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい:

« 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 保安院も取り繕うのはやめて事態を直視して欲しい | トップページ | 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31