フォト

« 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ 経産省と東電は本当にずる賢い | トップページ | 「地表汚染マップ」日米共同製作 知らないうちに大変なことになっているようだ 土壌汚染はチェルノブイリを遥かに越えている »

2011年5月 7日 (土)

浜岡原発:全面停止へ 菅首相を見直した

リンク: 浜岡原発:全面停止へ 東海地震備え、安全対策完成まで - 毎日jp(毎日新聞).

 菅直人首相は6日夜、首相官邸で緊急記者会見し、中部電力浜岡原発(静岡県御前崎市)について、現在定期点検中の3号機に加え、稼働中の4、5号機を含むすべての原子炉の運転停止を中部電力に要請したことを明らかにした。浜岡原発は東海地震の想定震源域に立地しており、地震により重大事故が発生する可能性がある。首相は「国民の安全と安心を考えた。浜岡原発で重大な事故が発生した場合に、日本社会全体に及ぶ甚大な影響を考慮した」と述べ、東京電力福島第1原発事故を踏まえ、大地震に伴う重大事故発生を防ぐため停止要請したとの考えを示した。首相は会見で、運転停止要請の具体的な理由について文部科学省の地震調査研究推進本部が「30年以内にマグニチュード8程度の東海地震が発生する可能性は87%」と分析していることを紹介。「東海地震に十分耐えられるよう、防潮堤の設置など中長期の対策を確実に実施することが必要だ。完成までの間、すべての原子炉の運転を停止すべきだと考えた」と説明した。

  菅首相を見直した。電力不足の懸念、今後の原子力政策に与える影響、他の原発の運転継続との整合性などハードルは高く難しい決断だったと思う。官僚に任せていては絶対に出来ないことでこれこそ政治決断だろう。思えば役に立たない原子力安全委員会や原子力保安院しかない状況で福島原発事故に対応せざるを得なかったわけで、首相だけを批判するのは間違っていたかもしれない。今回の決断に対しては原子力村の利権に群がる政治家や財界が批判するだろうが意に介する必要はない。今後はリーダーシップを発揮してこれまでの汚名を返上してほしい。

« 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ 経産省と東電は本当にずる賢い | トップページ | 「地表汚染マップ」日米共同製作 知らないうちに大変なことになっているようだ 土壌汚染はチェルノブイリを遥かに越えている »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39891057

この記事へのトラックバック一覧です: 浜岡原発:全面停止へ 菅首相を見直した:

» 浜岡原発:全面停止へ 東海地震備え、安全対策完成まで   事故は起きる前提が必要 [自分なりの判断のご紹介]
どういうわけか今日は 5月7日なんですね。 きっと昨日が6日 だったからでしょう。 というわけで、7日の 毎日朝刊。 浜岡原発:全面停止へ 東海地震備え、安全対策完成まで 菅直人首相は6日夜、 首... [続きを読む]

« 東電の賠償、電気料値上げで…政府・民主容認へ 経産省と東電は本当にずる賢い | トップページ | 「地表汚染マップ」日米共同製作 知らないうちに大変なことになっているようだ 土壌汚染はチェルノブイリを遥かに越えている »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31