フォト

« 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? | トップページ | 新潟県弁護士会が原発事故賠償請求に備えて損害内容記録ノートを作成 これはよいアイディアだ »

2011年5月15日 (日)

政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ

リンク: 政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ (福島原発問題・放射線物質・放射能・放射線量 全国 予測 グラフ).

  多くの人が「放射能濃度が高い福島市、郡山市民を避難させない理由はただ一つだと思う!賠償金で東京電力及び日本が破綻するからであろう。」という文面をみて、その通りだろうと思った事だろう。わたしもそのように感じます。そこで、80km圏内の人を避難させるとどのくらいの補償金額になるのか、実際に計算してみる事にしました。
(考察の目的)
政府が資金的に避難をさせられるかを考察してみる。
(考察内容)
避難地域を福島県「中通り」「浜通り」に設定。統計から、避難者の収入補償の金額を割り出してみる。※80Kmは同心円状に設定されていて正確な数値を出すのは難しいので中通り・浜通りというくくりで想定しました。
さて、考察に入ります。まず、福島県の人口を調べました。

福島県人口 

福島県の推計人口(引用:福島県ホームページより)

人口「202万5千人」世帯数「72万1千人」です。平均世帯人数は「2.8名」と計算する事ができます。

福島の人口地区別 

福島の人口地区別(引用:福島県ホームページより)

福島県のホームページ上に、地区別の人口が表示されていたので会津地区の人口を県の人口から除外してみます。

県総人口:2,025、461人

—-会津地方の人口———
会津若松市:128,591人
耶麻郡:31,123人
喜多方市:54,142人
河沼郡:25,208人
大沼郡:29,759人
南会津郡:31,236人
———————————————-
会津地区人口合計:300,059人

中通りと浜通りの人口は「県総人口-会津地区人口」で求まりますから2,025、461人-300,059人=1,725,402人となります。県の85%が含まれてしまうのです。中通り、浜通りの世帯数を算出すると、1,725,402人÷2.8人(1世帯あたり平均人数)=616,215世帯約60万世帯が避難対象となります。さて、収入の補償を計算してみましょう。

1人当たり県民所得ランキング2008年度 

1人当たり県民所得ランキング2008年度(引用:社会実情データ図録より)

上記のグラフから数値を持ってくると福島県の1名あたりの年間収入は「274万円」です。1世帯あたりで計算すると、267万円×2.8人=767万円さて避難する世帯が約60万世帯ですから767万円×60万世帯=4.6兆円(年間)となってしまいます。

※細かい数値の算出が論点ではないので、所得税などの計算は省きます。

1世帯あたり家や土地など平均1,000万円の資産があると仮定してその補償で6兆円。その他、企業への補償もしなければなりません。そのうえ、福島県の経済がほぼストップするので国はその分の税収が無くなります。その他、福島県の中通りを避難区域にしてしまうと、そこから北にある東北にある県にアクセスするのが大変になります。日本海経由でアクセスするしかなくなります。東北地区の経済・観光は大打撃。経済が立ち行かなくなるのは目に見えています。

一方、避難させないで放射線の影響で癌になった人を5%上昇したと仮定します。172万人×5%=86,000人1名あたり、3,000万円の補償と仮定。「約2.6兆円」

東京電力の営業利益は3年間の平均を取ると「年間1625億円」20年で3.2兆円。

やはり現在設定されている避難区域(原発20Km圏内+計画的避難区域)程度しか、経済的な負担は無理そうです。。。

わたくし(もにぽ)は経済の専門家でも統計の専門家でもありません。素人の目線で補償金額を考えてみました。ブログをご覧になっている皆様が補償について考える時の
たたき台になればよいと思いこの記事を書いてみました。1.広範囲に避難させれば国家が経済的に破綻
2.避難させないと病人が多数発生する可能性

どちらを選択してもダメージは計り知れません。こうやって考えると原発事故のリスクは高すぎます。事故が起こってしまうと、酷い選択肢を突きつけられることがわかります。「広範囲避難を指示」「現在の避難指示以上範囲を広げない」この2つの選択肢の経済的ダメージが近い数値で、なおかつ、国が耐えられるのであれば広範囲避難は有り得ますが、数値を見る限り、残念ながら広範囲避難は国が資金的に耐えられそうにありません。しかしながら、国がやるべきこと、できる事はたくさんあるはずです。「校庭の土の入れ替え」などまさしくそれです。地方自治体が独自に動いているなんて有り得ないですよね。こんなの、文部科学省の仕事です。その他にも被曝量を減らす努力は、たくさんあるはずです。その動きがあまり見られないのには憤りを感じます。みなさんはどう思いますか?

  全く同感です。「もにぽ」さんこれからも頑張って良い記事を書いて下さい。

« 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? | トップページ | 新潟県弁護士会が原発事故賠償請求に備えて損害内容記録ノートを作成 これはよいアイディアだ »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39997455

この記事へのトラックバック一覧です: 政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ:

« 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか? | トップページ | 新潟県弁護士会が原発事故賠償請求に備えて損害内容記録ノートを作成 これはよいアイディアだ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31