フォト

« 1号機の核燃料、完全露出し溶融 圧力容器の底で冷却か 東電も認めた | トップページ | 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい »

2011年5月13日 (金)

福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 保安院も取り繕うのはやめて事態を直視して欲しい

リンク: 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

 東京電力は12日、福島第一原子力発電所1号機の原子炉圧力容器で、冷却水の量が少ないため完全に水から露出した核燃料が過熱して容器底部に落下し、直径数センチ程度の穴に相当する損傷部から水が漏れていると見られると発表した。東電は、この状態が「メルトダウン(炉心溶融)」であることを認めた。
  損傷した可能性が高いのは、原子炉の核反応を停止させる制御棒の貫通部など。直径約4・8メートルの圧力容器底部には制御棒97本、中性子計装管34本が貫通している。貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられないという。

 経済産業省原子力安全・保安院の西山英彦審議官は、圧力容器内の水位は確認できていないとしながらも「一部の燃料は形を残しながら水蒸気で冷やされている」とし、「一定部分は溶けて(圧力容器の)下にあり、(水で)うまく冷やされている」との見解を示した。
  東電は、燃料を冷やすために12日までに1号機圧力容器内に計1万トン余りを注水。現在も毎時8トンを注入し、圧力容器を覆う格納容器ごと水を満たして冷やす「冠水(水棺)」作業に取り組んでいるが、「3千トン近くの水がどこかにいっている」(東電)状況といい、相当量の水が圧力容器底部の溶接部などから漏れ出ている可能性がある。 
  一方、圧力容器損傷の可能性も浮上したことで、収束に向けた工程表にも大きく影響するとみられる。ただ、保安院の西山審議官は「燃料が安定的に冷やされていれば、仮設の冷却装置をつけて冷やすことができる」として、「必ずしも工程表に大きな遅れが出るものではない」としている。

 この西山英彦という人間のいい加減さには呆れるほかない。3000度近い溶融した核燃料が、あるかないかも確認されていない僅かな底部の水でうまく冷やされているわけがないだろう。昨日まで毎日センチメートル単位で発表してきた圧力容器内の水位が全くのでたらめで、ほとんど水がないことが明らかとなった。それなのにまだこんな見てきたような嘘で取り繕おうとしている。
  貫通部周辺の溶接部位は、溶融した核燃料の3000度近い高温には耐えられない。溶融した核燃料は少しずつ格納容器内に落下し、いずれ圧力容器底部が耐えられなくなれば一気に格納容器内に落ちることは容易に予想される。格納容器は圧力容器に比べてはるかに脆弱だから溶融した核燃料に耐えられるはずもなく、その下の原子炉建屋地下に落下する。そこには東電が、「どこかにいっている」という3千トン近くの水があるのだから水蒸気爆発が起きる可能性は高い。
  仮に圧力容器が耐えられたとしてもこのままでは、完全溶融した核燃料を通過した膨大な汚染水が原子炉建屋地下に貯留する。行き場がないからいずれは溢れて最後は海に流れる。たぶん気が遠くなるような高度の汚染水だろう。それが数年間続くことになる。1号機だけではなく2号機でも3号機でも同じことが進行する。
  そうなって欲しくはないが、素人でも最悪このような事態になることは予想できる。それなのに西山審議官は「燃料が安定的に冷やされていれば、仮設の冷却装置をつけて冷やすことができる」、「必ずしも工程表に大きな遅れが出るものではない」と言う。とんでもない嘘つきか何も考えずに場当たり的に発言しているかのどちらかだろう。とにかく西山だけはクビにして欲しい。
  今分かっていることは、底の抜けたバケツだとしても、溶融した燃料を少しでも冷やして圧力容器を護るには、圧力容器内に注水を続ける以外手段がないということだけだ。それを続けた場合に発生する膨大な汚染水の貯蔵場所を確保することが最優先だ。メルトダウンだけは避けようということでこれまで原子炉の冷却に全力を挙げてきたはずなのに、既にメルトダウンは起きてしまった。もう国民は何でもありだと思っているので取り繕う必要はない。無責任な楽観論を廃し、とにかく最悪の事態を想定して全力を尽くしてもらいたい。

   

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 1号機の核燃料、完全露出し溶融 圧力容器の底で冷却か 東電も認めた | トップページ | 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39968342

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第一原発1号機「メルトダウン」東電認める 保安院も取り繕うのはやめて事態を直視して欲しい:

« 1号機の核燃料、完全露出し溶融 圧力容器の底で冷却か 東電も認めた | トップページ | 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31