フォト

« <品川美容外科事件>警視庁OB通じ資料流出?OB数人が再就職 氷山の一角かもしれない | トップページ | 芝浦工業大学非常勤講師(元東芝・格納容器設計者)後藤政志参考人「被曝前提の安全設計は非人間的」と力説。(参議院行政監視委員会) | もにぽブログ »

2011年5月24日 (火)

放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故では、汚染された表層土を60センチ下に埋める方式を実施

リンク: asahi.com(朝日新聞社):放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 - サイエンス.

 東京電力福島第一原発から放出されて降った放射性セシウムが、事故後1カ月以上たっても地表から5センチ以内に9割がとどまっていることが広島大などの調査でわかった。15センチまでなら99%以上という。旧ソ連・チェルノブイリ原発事故では、汚染された表層土を60センチ下に埋める方式を実施した。今回の校庭などでの土壌汚染でも「上下入れ替え方式」が有効なことの裏付けになりそうだ。
 広島大サステナセンターの田中万也講師(地球化学)らは、郡山市など福島県の4カ所の土壌を4月13日に取り、放射性セシウムなどの濃度が深さでどう変わるか調べた。その結果、郡山市日和田町の2カ所と西白河郡矢吹町では地表から5センチまでに放射性セシウム全体の約97%が、福島市飯坂町では約88%がとどまっていた。いずれも15センチまでに99%以上があった。
 セシウムは土壌の粘土と強く結びついて表層にとどまり、深いところにしみこまない性質がある。埋めてしまえば、セシウムはその場を動かず、放射線は地表に届かない。放射性ヨウ素も同様に地表から5センチ以内に75%以上がとどまっていた。京都市で開かれている国際分析科学会議で24日発表する。

  旧ソ連ですら汚染された表層土を60センチ下に埋める方式を実施した。日本がなんで放置しているのか理解できない。少なくとも福島県内の小中高校の敷地は全て「上下入れ替え方式」を実施すべきだろう。
  宮城県でもきちんと全ての小中高校の敷地の放射能汚染度調査を行って欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« <品川美容外科事件>警視庁OB通じ資料流出?OB数人が再就職 氷山の一角かもしれない | トップページ | 芝浦工業大学非常勤講師(元東芝・格納容器設計者)後藤政志参考人「被曝前提の安全設計は非人間的」と力説。(参議院行政監視委員会) | もにぽブログ »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40112193

この記事へのトラックバック一覧です: 放射性物質、地表5センチ以内に9割 広島大など調査 旧ソ連・チェルノブイリ原発事故では、汚染された表層土を60センチ下に埋める方式を実施:

« <品川美容外科事件>警視庁OB通じ資料流出?OB数人が再就職 氷山の一角かもしれない | トップページ | 芝浦工業大学非常勤講師(元東芝・格納容器設計者)後藤政志参考人「被曝前提の安全設計は非人間的」と力説。(参議院行政監視委員会) | もにぽブログ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31