フォト

« 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい | トップページ | 政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ »

2011年5月15日 (日)

1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか?

リンク: 1号機、津波前に重要設備損傷か 原子炉建屋で高線量蒸気 - 47NEWS(よんななニュース).

  東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋内で東日本大震災発生当日の3月11日夜、毎時300ミリシーベルト相当の高い放射線量が検出されていたことが14日、東電関係者への取材で分かった。高い線量は原子炉の燃料の放射性物質が大量に漏れていたためとみられる。
 1号機では、津波による電源喪失によって冷却ができなくなり、原子炉圧力容器から高濃度の放射性物質を含む蒸気が漏れたとされていたが、原子炉内の圧力が高まって配管などが破損したと仮定するには、あまりに短時間で建屋内に充満したことになる。東電関係者は「地震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と、津波より前に重要設備が被害を受けていた可能性を認めた。
  地震による重要設備への被害がなかったことを前提に、第1原発の事故後、各地の原発では予備電源確保や防波堤設置など津波対策を強化する動きが広がっているが、原発の耐震指針についても再検討を迫られそうだ。
 関係者によると、3月11日夜、1号機の状態を確認するため作業員が原子炉建屋に入ったところ、線量計のアラームが数秒で鳴った。建屋内には高線量の蒸気が充満していたとみられ、作業員は退避。線量計の数値から放射線量は毎時300ミリシーベルト程度だったと推定される。この時点ではまだ、格納容器の弁を開けて内部圧力を下げる「ベント」措置は取られていなかった。【共同通信】

 福島第一原発の2台の地震計で記録された今回の地震の最大加速度は、448ガルと431ガル。東電は同原発で予想される揺れの最大値を600ガルと想定していた。つまり想定の4分の3に過ぎない。しかしこの揺れによって、送電線を支える原発西側の鉄塔が倒れ、その結果、自動停止した原発に送電できなくなり1~3号機の冷却機能がストップした。
  地震の揺れは想定内だったが、鉄塔が倒れたために外部電源が断たれて冷却機能を喪失したことが既に明らかとなり、今また「地震の揺れで圧力容器や配管に損傷があったかもしれない」と報じられている。多分このニュースは、外部電源が断たれた原因がほとんど報じられていないのと同様今後あまり報じられなくなるはずだ。なにせそれが事実なら全国全ての原発が危ないという結論になるのだから、電力会社から巨額の広告費を貰っている大手新聞やテレビ局が大々的に報じられるはずはない。
  今回の事故は想定外の津波が原因とされてきたが、そうではないようだ。原発の構造自体が想定内の地震にすら耐えられないものであったということになる。そもそも原発が想定した地震に耐えられるという結論自体が計算上のもので実際の原子炉で実験したわけではない。福島第1原発の震度は6強で、この程度の地震は全国の原発のどこでも起きうる。
  今すぐは無理としてもやはり出来るだけ早く原発は全廃すべきだ。当面は火力発電所の増設と節電でしのぎ、採算を度外視してでも再生可能エネルギーへの転換を推し進めるべきだろう。
  原発訴訟で原発は安全だという判決を書き続けてきた裁判官達は今どのような気持ちでいるのだろう。日本の裁判所は原発以外の行政訴訟でもひたすら国の言い分を盲信し続けてきたが、今回の事故を教訓にしてそのような姿勢は改めて欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい | トップページ | 政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/39997029

この記事へのトラックバック一覧です: 1号機、津波前に重要設備損傷か 原発の構造自体が想定内の地震に耐えられないということか?:

» スマートグリッド情報 [太陽光発電価格]
ITを活用して一般家庭などの電力を効率的に利用するスマートグリッドは、地球温暖化対策の切り札として世界の有力企業が事業化に向けてしのぎを削っている。 電力計など期間技術を握る起業の争奪戦も激化している。... [続きを読む]

« 2、3号機もメルトダウンの可能性…東電認める それはもういいから圧力容器が耐えられるのかどうかが知りたい | トップページ | 政府は人口の多い福島市・郡山市などを避難させないのか?考察してみた。 | もにぽブログ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31