フォト

« 東電自身が「1号機は津波ではなく地震で機能不全に陥った」と公言:姑息で間接的なやり方だが | トップページ | 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる »

2011年5月25日 (水)

3号機の冷却配管、津波前に地震で破損か  やっぱり全ての原発が地震に耐えられない可能性があるということか

リンク: asahi.com(朝日新聞社):3号機の冷却配管、地震で破損か 津波前に - 社会.

  東日本大震災で被災した東京電力福島第一原子力発電所3号機で、炉心を冷やす緊急システムの配管が破損した疑いがあることが、24日に公表された東電の解析結果からわかった。東電は「想定を大幅に超える大きさの津波」が事故原因だとしてきたが、解析が正しければ、津波の到着前に重要機器が地震の揺れで壊れていた可能性がある。
 解析によると損傷の可能性があるのは、過熱した核燃料が空だき状態になるのを防ぐため、原子炉の水位を保つ緊急炉心冷却システム(ECCS)の一つ。「高圧注水系」と呼ばれる冷却システムだ。核燃料の余熱による水蒸気が主な動力源なので、電源がなくても動く。
 東電によると、3号機では3月11日の津波で外部からの電源がなくなった後、別の装置で原子炉を冷やしていたが、翌12日昼ごろに止まった。水位低下を感知して冷却方法が高圧注水系に切りかわると、水位はいったん回復。その後、電池が尽きて動作に必要な弁の開閉ができなくなった。水位はふたたび下がっていき、大規模な炉心溶融(メルトダウン)につながった。
 高圧注水系の作動時には、それまで75気圧ほどだった原子炉圧力容器内の圧力が、6時間程度で10気圧程度まで下がった。通常なら、ここまで急速な圧力低下は考えにくいため、東電は水蒸気を送る配管のどこかに損傷があり圧力が下がったと仮定して解析。結果は圧力変化が実際の測定値とほぼ一致し、配管からの水蒸気漏れが起きた可能性が出てきたという。

 23日には次のように報じられていた。「東京電力は23日、東日本大震災をもたらした地震発生直後の福島第1原発の初期データを調べた結果、地震による主要機器の損傷はなかったとする分析結果をまとめた。東電によると、地震発生から津波で浸水し全電源が喪失するまでに記録された原子炉の水位や圧力などを調べたところ、主要機器の損傷はなく、地震で冷却水喪失という問題は発生していないと判断した。だがデータに表れない程度の水漏れは全くないとは言い切れないとし、主要機器以外の細管などが破断した可能性については否定しなかった。」
  ところが歯の根も乾かぬ今日25日には「津波の到着前に重要機器が地震の揺れで壊れていた可能性がある。損傷の可能性があるのは、過熱した核燃料が空だき状態になるのを防ぐため、原子炉の水位を保つ緊急炉心冷却システム(ECCS)の一つ。高圧注水系と呼ばれる冷却システムだ。核燃料の余熱による水蒸気が主な動力源なので、電源がなくても動く。」と見解を変えたようだ(記事では東電自らがそう言ったのかどうかはっきりしないが)。
 「主要機器の損傷はなく、地震で冷却水喪失という問題は発生していない」などとよく言えたものだ。多分東電は23日の時点でもこのような可能性を認識していたのだろう。だから「データに表れない程度の水漏れは全くないとは言い切れない」と逃げ道を残しておいたわけだ。しかし地震自体による損傷の可能性があるのは「主要機器以外の細管」ではなく緊急炉心冷却システム(ECCS)の一つだ
  実はこの点は既に専門家から指摘されていたことであり、言い逃れるのは無理と見てあっさり認めたのだろうか?姑息過ぎる。
  世間では1号機原子炉の非常用冷却装置が津波到達前に手動で停止され、炉心溶融を早めた可能性が問題視されているが、そんなことは些末なことだ。「高圧注水系」と呼ばれる冷却システムが地震で損傷せず、冷却が続けばそもそも非常用復水器は起動しない。
  今回の地震が福島第一原発の想定内であったことは東電自身認めている。その想定内の地震で、緊急炉心冷却システム(ECCS)の一つである「高圧注水系」が損傷している可能性があるということは、現在稼働している全ての原発について想定内の地震でも重大事故が発生する可能性があることを意味する。
 やはり原発は可能な限り速やかに全廃するほかない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 東電自身が「1号機は津波ではなく地震で機能不全に陥った」と公言:姑息で間接的なやり方だが | トップページ | 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40128370

この記事へのトラックバック一覧です: 3号機の冷却配管、津波前に地震で破損か  やっぱり全ての原発が地震に耐えられない可能性があるということか:

« 東電自身が「1号機は津波ではなく地震で機能不全に陥った」と公言:姑息で間接的なやり方だが | トップページ | 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31