フォト

« 5月17日 三つのメルトダウンは未知の世界 小出裕章 « 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ | トップページ | <内部被ばく>県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 何で委員会で質問されるまで隠しておくかね »

2011年5月21日 (土)

福島原発:放射線不安「疎開」302人…6市の小中校 こういう状況では子供を疎開させることは正しい選択だろう

リンク: 福島第1原発:放射線不安「疎開」302人…6市の小中校 - 毎日jp(毎日新聞).

  福島県中通り地方8市のうち、東京電力福島第1原発事故に伴う警戒区域などの指定がない7市の市立小中学校から、住民票を地元に残したまま市外へ転校した「区域外就学」の児童生徒が判明しただけで6市302人に上ることが、各市教委への取材で分かった。事故収束の見通しが不透明で、放射線の子供への影響を巡って専門家の見解も分かれる中、子供の“疎開”に踏み切る保護者が増えている実態が浮かんだ。8市のうち警戒区域などに指定されている田村市を除く7市を調べた。その結果住民票を残したまま市外へ転校した児童生徒が、福島市の206人を最多に、二本松市27人▽須賀川、伊達市各18人▽白河市17人▽本宮市16人だった。人口最多の郡山市は未集計で、町村も含め人数はさらに多いとみられる。
 このうち福島市教委によると、内訳は18日現在で小学生181人、中学生25人。小学生の転校先は県内9人▽県外170人▽外国2人。中学生は県内1人、県外24人。市内の小学生は計約1万6000人で、転校児童は1%を超える。また、4月18日時点では計93人で1カ月で倍増した。

  経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長が16日の衆院予算委員会で明らかにしたデータによると、3月11日以降、福島第1原発を除いた全国の原子力施設で、作業員から内部被ばくが見つかったケースが4956件あり、うち4766件はその作業員が事故発生後に福島県内に立ち寄っていた。取材に応じた福島第2原発の40代の作業員男性は第1原発での水素爆発以降、自宅のある約30キロ離れたいわき市で待機していた。その後、検査を受けると2500cpmだった。「大半が(半減期の短い)ヨウ素で数値は(時間の経過で)下がると思うが、不安だ」と男性は話す。同県二本松市には「市民から内部被ばくを心配する声が寄せられ」(市民部)、市は乳幼児や屋外作業の多い人などを選び、県外のホールボディーカウンターで内部被ばくの有無を測定することを検討している。

  こういう状況では子供を疎開させることは正しい選択だろう。 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 5月17日 三つのメルトダウンは未知の世界 小出裕章 « 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ | トップページ | <内部被ばく>県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 何で委員会で質問されるまで隠しておくかね »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40071595

この記事へのトラックバック一覧です: 福島原発:放射線不安「疎開」302人…6市の小中校 こういう状況では子供を疎開させることは正しい選択だろう:

« 5月17日 三つのメルトダウンは未知の世界 小出裕章 « 小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ | トップページ | <内部被ばく>県外原発で働く福島出身作業員から相次ぎ発見 何で委員会で質問されるまで隠しておくかね »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31