フォト

« 茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」  なぜって神奈川も汚染されているからです | トップページ | 6月11日に仙台で脱原発デモが計画されているようです »

2011年5月16日 (月)

班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず ついに内ゲバか?やっぱり保安院が一番の悪人

リンク: <福島第1原発>班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず (毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

  内閣府原子力安全委員会の班目(まだらめ)春樹委員長は16日の委員会定例会議後の会見で、東京電力福島第1原発1号機で起きたメルトダウン(炉心溶融)について、経済産業省原子力安全・保安院が見解を示さないことに対して批判した。
  班目委員長は「(安全委が指摘してきたにもかかわらず、これまで)制御棒だけ溶けずに残るなど物理学的常識からあり得ない図を持って来ている」と指摘。「もっと適切なイメージを持ってきなさいと言っているが、持って来ないのは遺憾。また(東電が炉心溶融を認めたにもかかわらず)保安院の考えが出されないのが残念だ」と話した。
  一方、15日の東電の会見で明らかになった地震発生直後に起きた原子炉圧力容器内の蒸気を冷やす「非常用復水器」の機能喪失については、「東電、保安院から事実関係を聞いていない」とし、津波だけでなく、地震や作業員の操作などが原因で起きた可能性も否定できないとの見方を示した。

  ついに原子力安全委員会と原子力保安院の内ゲバが発生したようだ。やっぱり一番の悪人は原子力保安院の官僚のようだ。官邸は素人だから保安院の官僚からもっともらしいことを言われると騙されてしまう。原子力安全委員会は分かってはいても助言するだけの第三者だと思っているから積極的に動こうとしない。その結果「物理的常識」からは予想されたメルトダウンの公表が2ヶ月も遅れた。東電はもう開き直って認めたが保安院はなお公表遅れ(隠蔽?)の言い逃れを思案中ということだろう。
  地震発生直後に起きた原子炉圧力容器内の蒸気を冷やす「非常用復水器」の機能喪失について、「津波だけでなく、地震や作業員の操作などが原因で起きた可能性も否定できないとの見方を示した」というのは極めて重要だ。想定内の地震にすら原発が耐えられない可能性があることを認めたわけだ。全原発停止に繋がりかねないことだけに、斑目委員長にはこれまでの汚名を返上するためにも徹底的に究明して欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」  なぜって神奈川も汚染されているからです | トップページ | 6月11日に仙台で脱原発デモが計画されているようです »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40013456

この記事へのトラックバック一覧です: 班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず ついに内ゲバか?やっぱり保安院が一番の悪人:

« 茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」  なぜって神奈川も汚染されているからです | トップページ | 6月11日に仙台で脱原発デモが計画されているようです »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31