フォト

« 班目春樹委員長が記者会見 3月下旬に1~3号機がメルトダウンと判断 斑目の無責任さには呆れ果てる | トップページ | 班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず ついに内ゲバか?やっぱり保安院が一番の悪人 »

2011年5月16日 (月)

茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」  なぜって神奈川も汚染されているからです

リンク: 福島第1原発:茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」 - 毎日jp(毎日新聞).

  神奈川県の足柄茶の生葉から暫定規制値を超える放射性セシウムが相次ぎ検出され、新茶シーズンを迎えた生産者に衝撃が広がっている。「なぜ今、原発から250キロ以上も離れた神奈川で……」。予想外の事態に専門家も首をかしげている。足柄茶は県内16市町村で生産する地域ブランドで、今年の出荷は6日に始まったばかり。安全性を強調しようとした検査で思わぬ結果が出た。
  11日、南足柄市で暫定規制値の1キロ当たり500ベクレルを超える570ベクレルを検出。13日には小田原市や清川村でも超え、県は6市町村に出荷自粛を要請した。再開には3週間に3回検査し、いずれも基準値を下回ることが条件。県は「6月中旬に基準値を下回れば、1回の検査で出荷できるよう国に要望したい」としている。
 東京工大原子炉工学研究所の松本義久准教授(放射線生物学)は「距離が遠いほど放射性物質の濃度は低くなるのに」と驚く。(共同)

  放射能の飛散状況を考えれば驚く方がおかしい。この図を見れば明らかなように福島県南部と神奈川県では土壌汚染に大差ないと予想される。http://blog-imgs-33.fc2.com/o/n/i/onihutari/20110513023439cc0.jpg
  「距離が遠いほど放射性物質の濃度は低くなる」のは基本的に正しいが、風向きと地形の影響が極めて大きいということだろう。生産者の方には大変気の毒だが出荷のための安易な検査基準の見直しはやめて欲しい。損害については東電に賠償を求めるべきだ。土壌汚染の実態を国がきちんと調べていないだけで、もはや事態は風評被害ではなく実害の問題なのだと思う。「中鬼と大鬼のふたりごと」のブログに詳しい分析が載っている
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-49.html

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 班目春樹委員長が記者会見 3月下旬に1~3号機がメルトダウンと判断 斑目の無責任さには呆れ果てる | トップページ | 班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず ついに内ゲバか?やっぱり保安院が一番の悪人 »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40013051

この記事へのトラックバック一覧です: 茶葉から放射性物質 「なぜ神奈川で…」  なぜって神奈川も汚染されているからです:

« 班目春樹委員長が記者会見 3月下旬に1~3号機がメルトダウンと判断 斑目の無責任さには呆れ果てる | トップページ | 班目氏、保安院を批判 炉心溶融見解示さず ついに内ゲバか?やっぱり保安院が一番の悪人 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31