フォト

« 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる | トップページ | 警官、取り調べ中に暴行容疑=覚せい剤事件の外国人男性に―大阪府警 やはり録画による取り調べ過程の可視化は必要だ »

2011年5月26日 (木)

実は海水注入は継続していた原発・吉田所長が判断 どうにも辻褄が合わなくなると伝家の宝刀「訂正」!嘘つきは東電のはじまり

リンク: 海水注入は継続していた…原発・吉田所長が判断 (読売新聞) - Yahoo!ニュース.

  東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機で東日本大震災の発生翌日に、同社が冷却用の海水注入を中断していたとされる問題で「注入中断はなく、継続していた」と発表し、21日に政府・東電統合対策室が公表した調査結果を訂正した。
  同原発の吉田昌郎所長が、事態の悪化を阻止するためには注水継続が必要と判断し、中断を見送っていたという。統合対策室はこれまで、東電が3月12日午後7時4分に海水の試験注入を始めた後、原子炉の「再臨界」の可能性を懸念した官邸の意向に配慮し、同25分に独断で注入を中断したとの調査結果を公表。
  しかし、公表翌日の22日には、班目春樹・内閣府原子力安全委員長が、再臨界に関する自分の発言内容が異なると抗議し、調査内容を訂正していた。1号機では震災後、炉心溶融(メルトダウン)と水素爆発が相次いで発生。海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性が指摘されていた。最終更新:5月26日(木)15時29分

 東京電力の武藤栄副社長は26日、福島第一原子力発電所1号機の海水注入の一時中断はなかった事実が、24日から25日にかけての社内のヒアリングで判明したと語った。また、ヒアリングは第一原発の吉田所長に対して行われ、松本純一・原子力立地本部長代理は「吉田所長の記憶の中にあり、証言が得られた」と述べた。
ただ、「計器の記録があるわけではない」とも話した。

  絶対やると思っていたがやっぱり訂正。東電の主張は「事前に海水注入を官邸に連絡(FAXの物証あり)。官邸からの指示で注入中断」、菅と枝野は「海水注入自体を聞いていない。だから中断を指示するはずはない」。どうにも辻褄が合わない。そこで、そもそも中断がなかったことにしたわけだ。東電が独断で中断を指示した落ち度は残ることになるが、それも実際には中断してないとなれば「海水注入の中断によって、圧力容器の損傷が悪化した可能性」もなくなる。一石二鳥とはこのことだ。保安院と東電のエリートが筋書きを書いたのだろうが、本当に悪智恵だけは働く。
  菅も東電も守ったつもりだろうが、一番重要な国民からの信頼を失ったことに気付かないのだろう。そもそも保身以外興味がないのかもしれない。
 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる | トップページ | 警官、取り調べ中に暴行容疑=覚せい剤事件の外国人男性に―大阪府警 やはり録画による取り調べ過程の可視化は必要だ »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40142144

この記事へのトラックバック一覧です: 実は海水注入は継続していた原発・吉田所長が判断 どうにも辻褄が合わなくなると伝家の宝刀「訂正」!嘘つきは東電のはじまり:

» 東電「中断なかった」 所長判断で海水注入   自民時代からの危機管理体制問題 [自分なりの判断のご紹介]
何度も何度も繰り返す。 賽ノ河原で石を積み 積みあげると鬼が また壊してしまう。 これは、自分が親より 早く死に、その親不孝の 報いとして親の供養をする ためにと仏塔を作ろうと 際限なく石を積む、哀れな 子供のことなんですが。 こちらの繰り返し、 もう... [続きを読む]

« 海域における放射能濃度のシミュレーション 排出量が不明のため数値は全く信用できないが拡散の仕方は分かる | トップページ | 警官、取り調べ中に暴行容疑=覚せい剤事件の外国人男性に―大阪府警 やはり録画による取り調べ過程の可視化は必要だ »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31