フォト

« 福島の学校プール授業、問題なし…文科省  一夏プールに入らないと福島の児童生徒にどのような健康被害が生じるというのだろう? | トップページ | 宮城県議会保健福祉委員会が「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会せんだい・みやぎ」の請願を採択 »

2011年6月17日 (金)

福島第1原発:80キロ以遠の放射線マップ公表…文科省  一応仙台は大丈夫のようだ

リンク: 福島第1原発:80キロ以遠の放射線マップ公表…文科省 - 毎日jp(毎日新聞).

  文部科学省は16日、福島第1原発から80~100キロ(一部は120キロ)離れた地域の放射線マップを公表した。80キロ以遠では、南側と南西側にほかの方角と比べて線量の高いエリアが広がっていることが分かった。文科省は「数値は低く、健康への影響はないと考えられる」としている。調査は5月18~26日、米エネルギー省と合同で実施。大型放射線検出器を備えたヘリコプターを使い、高度150~300メートルから地表1メートルの線量を計測した。今回得られた80キロ以遠のデータと、既に得られていた80キロ圏内のデータとを重ね合わせてマップにした。80キロ以遠では、原発の南側の茨城県北東部にかけてと、南西側の栃木県北東部にかけての地域に、毎時0.2~0.5マイクロシーベルトと若干高い放射線量が見られた。

  福島県の方には大変申し訳ないけれども仙台の数値の低さにひと安心。文科相の単独調査だと信用できないが米エネルギー省と合同で実施だから大丈夫だろう。前の80キロ以内の調査では土壌汚染の調査結果も発表されていたが今回は何故か空間線量だけ。風向きが一定のわけがないので、福島の中通りの数値が依然として高いのは土壌汚染が空間線量に反映されているからだ。土壌の除染を行わない限りこの事態は何ら改善されない。しかし国は何もしようとしない。表土を削った校庭の土も未だに校庭に置きっ放しだ。それでプールに入っても大丈夫と言っているのだからどうかしている

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 福島の学校プール授業、問題なし…文科省  一夏プールに入らないと福島の児童生徒にどのような健康被害が生じるというのだろう? | トップページ | 宮城県議会保健福祉委員会が「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会せんだい・みやぎ」の請願を採択 »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40433494

この記事へのトラックバック一覧です: 福島第1原発:80キロ以遠の放射線マップ公表…文科省  一応仙台は大丈夫のようだ:

« 福島の学校プール授業、問題なし…文科省  一夏プールに入らないと福島の児童生徒にどのような健康被害が生じるというのだろう? | トップページ | 宮城県議会保健福祉委員会が「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会せんだい・みやぎ」の請願を採択 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31