フォト

« 仙台弁護士会 災害救助法の費用支出を全額国負担とする提言 | トップページ | 「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 せんだい・みやぎ」の放射線量測定の拡充請願を採択 宮城県議会 »

2011年6月19日 (日)

「人類が経験した原発事故をすべて考えて対応。今回の対策をやっている原発は安全だ。」西山英彦・保安院審議官記者会見で力説だって

リンク: <原発>夏前ありき「安全宣言」…再稼働要請へ (毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

  原発の安全規制を担う経済産業省原子力安全・保安院は、福島第1原発事故のようなシビアアクシデント対策について7日に調査を始めてからわずか11日で原発の「安全宣言」を出した。だが、今回の点検項目は、水素爆発対策など第1原発の事故に関係した5項目だけで、それ以上については「今後の検討課題」(保安院)。現地立ち入り検査もたった2日間で終え、発表を急ぐ政府に配慮して「お墨付き」を与えた格好になった。
  「保安院は(再稼働について)地元同意を得るためにやっているのではない」。保安院の山本哲也・原発検査課長は18日の会見でこう述べたが、会見には資源エネルギー庁幹部も同席。「(電力供給不足による)産業空洞化は今そこにある危機」とするエネ庁作成の資料も配布され、「一体感」は否めなかった。
  保安院は11事業者に対して、福島第1原発1~3号機で発生した水素爆発対策、中央制御室の非常用換気装置の電源確保などを求めたが、いずれも第1原発の事例をなぞった「対症療法」。より過酷な事故対策については「どういう事態を想定するかも含めて中長期課題で取り組む」と述べるにとどめた。
 各事業者の取り組みも「津波浸水を想定し、2017年度ごろまでに内線電話交換機電源を高所へ移設」(関西電力美浜原発1~3号機)▽「今後3年程度で水素ガス抑制装置を設置」(九州電力玄海原発1~4号機)--など、緊急性を優先しているとはいえない。
 「人類が経験した原発事故をすべて考えて対応した。今回の対策をやっている原発は安全だ」。西山英彦・保安院審議官は18日夜の記者会見で力説した。

  この頃記者会見があまり放映されないので西山の顔を見て不快な思いをすることもなくなったと思っていたら凄いことを言っている。「人類が経験した原発事故をすべて考えて対応した。今回の対策をやっている原発は安全だ」だって。
  こいつの言う「安全」は「危険」と読み替えなければならない。私は「人類が経験した原発事故についての西山の発言をすべて考えて判断した。西山が安全だと言ったら危険だ」と力説したい。
  原発再稼働についての社説を読み比べると興味深い。地方紙>毎日>朝日>読売の順でトーンが落ちていく。主要3紙の中では毎日が一番まとも、読売は政府の広報誌だと思っているが今回の社説にもそれは現れている。記者の給料の高さと報道内容は反比例するようだ。ちなみに女川原発を抱える地元の河北新報は「沈黙」。大広告主である東北電力様のご機嫌を損ねるようなことは口が裂けても言えませんというところか。
http://shasetsu.ps.land.to/index.cgi/event/757/ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 仙台弁護士会 災害救助法の費用支出を全額国負担とする提言 | トップページ | 「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 せんだい・みやぎ」の放射線量測定の拡充請願を採択 宮城県議会 »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40457236

この記事へのトラックバック一覧です: 「人類が経験した原発事故をすべて考えて対応。今回の対策をやっている原発は安全だ。」西山英彦・保安院審議官記者会見で力説だって:

« 仙台弁護士会 災害救助法の費用支出を全額国負担とする提言 | トップページ | 「5年後10年後こどもたちが健やかに育つ会 せんだい・みやぎ」の放射線量測定の拡充請願を採択 宮城県議会 »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31