フォト

« 辞めたければ今すぐ辞めればよい、原子力村の住民以外誰も惜しまないと思うが  「町長に与えた恥に責任を取る」と海江田氏 | トップページ | 安全より電力、大手マスコミは原発推進キャンペーンに舵を切ったようだ  関電、大飯1号機手動停止へ…炉心冷却装置トラブル »

2011年7月15日 (金)

菅首相「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」と強調  首相強弁「3000万人移住」

リンク: 首相強弁「3000万人移住」 有志が退陣求め集会へ (産経新聞) - Yahoo!ニュース.

  「原発に依存しない社会」を打ち出した菅直人首相は14日夜、民主党若手議員らと会食し「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」と強調した。発言をエスカレートさせる首相の政治姿勢を批判し、民主党の中堅・若手議員は15日に即時退陣を求める決起集会を開く。これに対し、複数の党幹部は後継を選ぶ党代表選について当初想定した8月から9月にずれ込むこともやむをえないとするなど、退陣をめぐる党内の駆け引きは再び激化してきた。
  「福島の事故はすごいことだとの印象を受けた。原発について相当基礎知識を持っていたし、研究を重ねた」
 出席者によると、「脱原発」をめぐる政府・与党内の調整が不足しているとの批判を意識してか、首相は言い訳のような発言を繰り返した。同時に政権延命に向けた意欲もにじませた。
  首相の早期退陣を求める前原誠司前外相は、自らのグループ「凌雲会」の会合で、首相の「原発全廃」発言について「すぐに全国の原発を止めるわけにいかないのだから、現実を見るべきだ」と突き放す。仙谷由人官房副長官も「あれは、首相の願望だ」と冷笑した。
 枝野幸男官房長官は会見で、「首相は『脱原発依存』とは言っていない。遠い将来の希望だ」と述べ、首相発言は政府見解ではないと軌道修正した。民主党の岡田克也幹事長も会見で「道のりを示すにはきちんとした議論がなされなければいけない。そういうものがない中で首相としての思いを述べた」と指摘した。

  正に四面楚歌、菅首相は与野党、マスコミ、財界はては政権中枢からもボコボコにされている。 しかし「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」という認識は正しいと思う。
  前原は「すぐに全国の原発を止めるわけにいかないのだから、現実を見るべきだ」と突き放し、仙谷は「あれは、首相の願望だ」と冷笑したそうだが、こいつらは国民の安全より原子力村の利益の方が大事なのだろう。こんなやつらが首相になったらそれこそ大変だ。
  原発の三分の一が止まり、火力発電も大打撃を受けたのに今でも電力需要は満たされている。原発廃止は夢物語ではない。内閣不信任案が提出された時に菅首相が同じことを言って正面突破を図っていれば違う展開になったかもしれないのに残念だ。
  しかし遅すぎるということはない。内閣支持率はこれ以上低下しようもないくらいだし、失うものはもうないだろう。ぎりぎりまで粘って、いったい誰が国民の安全を第一に考える政治家で、誰が原子力村の代弁者なのかをあぶり出して欲しい。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 辞めたければ今すぐ辞めればよい、原子力村の住民以外誰も惜しまないと思うが  「町長に与えた恥に責任を取る」と海江田氏 | トップページ | 安全より電力、大手マスコミは原発推進キャンペーンに舵を切ったようだ  関電、大飯1号機手動停止へ…炉心冷却装置トラブル »

福島原発事故」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/40824112

この記事へのトラックバック一覧です: 菅首相「東京、神奈川から3千万人が移住するような事態も想定して決断しないといけない。だから『脱原発』なんだ」と強調  首相強弁「3000万人移住」:

« 辞めたければ今すぐ辞めればよい、原子力村の住民以外誰も惜しまないと思うが  「町長に与えた恥に責任を取る」と海江田氏 | トップページ | 安全より電力、大手マスコミは原発推進キャンペーンに舵を切ったようだ  関電、大飯1号機手動停止へ…炉心冷却装置トラブル »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31