フォト

« 民主党法曹養成制度検討プロジェクトチームの中間とりまとめ 「法科大学院修了を司法試験受験資格とすることを見直すべきである」 | トップページ | なぜかちっとも報道されないB型肝炎被害無料電話相談 相談内容は深刻なのだが »

2011年8月27日 (土)

B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日までB型肝炎被害無料電話相談を行っています

  B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日まで、東北6県を対象に、B型肝炎被害無料電話相談を行っています。
  B型肝炎訴訟は、本年6月28日に弁護団と国との基本合意が成立しました。基本合意では集団予防接種によるB型肝炎感染被害について救済の枠組みが決定されましたが、救済を受けるには①B型肝炎ウイルスに持続感染していること、②満7歳になるまでの間に集団予防接種を受けていること、③母子感染の可能性が否定されること、④他原因による感染が否定されることなど一定の要件に当てはまることが必要で、かつそれを証明するに足りる資料を患者側で提出することが必要とされています。また実際に救済を受けるためには、損害賠償請求訴訟を提起してこのような資料を証拠として提出し、国が要件を確認して和解を成立させることが必要とされました。
  もちろん個人で資料を集めて裁判を行うことは可能ですが、実際問題として患者個々人が提訴して立証活動を行うことにはかなりの困難が伴います。そこで現在全国各地で弁護団が結成され集団提訴を行っています。東北6県では、これまでは福島は東京弁護団が、山形は新潟弁護団が、それ以外は札幌弁護団が対応してきましたが、今後提訴者が増えると対応が難しくなるので今回B型肝炎被害対策東北弁護団(団長 仙台弁護士会鹿又喜治弁護士)が作られました。弁護団員は現在のところ仙台弁護士会に所属する18名です。
  弁護団では8月27日、28日の両日午前10時から午後4時までの間、仙台弁護士会館で無料電話相談を行います(電話番号は022-223-6170)。その後8月29日~9月2日までの間、同じく午前10時から午後4時までの間無料電話相談を行います(但し電話番号は022-266-6115に変更になります。)。いずれも期間中だけの仮設電話ですのでご注意下さい。9月3日以降については常設の相談窓口を設ける予定ですがまだ電話番号は決まっていません。決まり次第記者発表などを通じて告知する予定です。
  電話では詳しい説明まではできないので、質問にお答えした上で希望者には基本合意の内容や具体的な提訴の方法について詳しい説明を記載した文書と、併せて今後不明な点を相談することのできる担当弁護士の連絡先を記載した文書を郵送致します。
  本日実際に電話相談を行いましたが、選挙期間中でマスコミの報道があまりなされない中でも70件近い相談がありました。肝硬変や肝癌にまで至っている方の相談もかなりの件数に上っており被害の深刻さがうかがわれました。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 民主党法曹養成制度検討プロジェクトチームの中間とりまとめ 「法科大学院修了を司法試験受験資格とすることを見直すべきである」 | トップページ | なぜかちっとも報道されないB型肝炎被害無料電話相談 相談内容は深刻なのだが »

事件・裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/41380229

この記事へのトラックバック一覧です: B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日までB型肝炎被害無料電話相談を行っています:

« 民主党法曹養成制度検討プロジェクトチームの中間とりまとめ 「法科大学院修了を司法試験受験資格とすることを見直すべきである」 | トップページ | なぜかちっとも報道されないB型肝炎被害無料電話相談 相談内容は深刻なのだが »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31