フォト

« B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日までB型肝炎被害無料電話相談を行っています | トップページ | 「勤務中に審議官室で女性とキス 西山氏を停職1月の懲戒」 軽すぎる処分だ、時期と職責を考えれば懲戒免職が当然だろう »

2011年9月 1日 (木)

なぜかちっとも報道されないB型肝炎被害無料電話相談 相談内容は深刻なのだが

 B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日まで、東北6県を対象に、B型肝炎被害無料電話相談を行っている。昨日までの4日間の相談件数は合計180件。症状ごとの内訳は、慢性肝炎50件、肝硬変5件、肝癌12件、死亡4件、無症候性キャリアまたは不明109件。
 単純比較はできないのだが薬害C型肝炎の際に行った電話相談の時と比べて症状の重い方の相談が目立つような気がする。中には母親が集団予防接種で感染し、その子供達が全員母子感染してしまったと思われるケースがあった。B型肝炎はC型肝炎と比べて母子感染の可能性が非常に高く、このような二次被害が多数起きていると考えられる。除斥期間間際で早急に対応しなければならないような相談もあった。今回の震災で受診していた病院が津波にあってカルテがなくなってしまった方もいた。このようなケースでは基本合意の要件を満たす資料が入手できないかもしれない。
 B型肝炎感染者は全国で110万人以上いるといわれており、そのうち40万人以上は集団予防接種による感染と考えられている。人口比で考えても東北6県で2万人以上の被害者がいる計算になる。4日間で180件という相談件数は普通の110番と比べれば決して少ない数ではないのだが、推定被害者数から見れば本当に一握りだ。
 患者が何もしなくとも国が救済してくれるならよいのだが、
国との基本合意では必ず提訴することが必要とされ、また救済を受けるには①B型肝炎ウイルスに持続感染していること、②満7歳になるまでの間に集団予防接種を受けていること、③母子感染の可能性が否定されること、④他原因による感染が否定されることなどを患者が証明しなければならないこととされている。一般の方にはこのような基本合意の内容がほとんど知られていないような気がする。内容どころか救済の枠組みが決まったことすら知られていないのかもしれない。
 国は厚労省のホームページで広報しているがそれ以上積極的な広報は行っていないようだ。一番効果的なのは医療機関を通じての広報なのだが。30日にそれまでの相談結果と被害の深刻さについて記者レクをしたのだがどこも報道してくれなかった。個別取材もない。提訴しないと記事ネタにならないということだろうか?まあそれはそれで致し方ないので、今後は県や市町村、肝臓病専門医療機関などに患者への情報提供を働きかけること、他県での110番を実施する必要があるだろう。

 明日9月2日午前10時から午後4時までが今回の無料電話相談の最終日なので東北6県でB型肝炎に感染している方は相談してみて下さい。電話番号は022-266-6115です。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日までB型肝炎被害無料電話相談を行っています | トップページ | 「勤務中に審議官室で女性とキス 西山氏を停職1月の懲戒」 軽すぎる処分だ、時期と職責を考えれば懲戒免職が当然だろう »

事件・裁判」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/41456046

この記事へのトラックバック一覧です: なぜかちっとも報道されないB型肝炎被害無料電話相談 相談内容は深刻なのだが:

« B型肝炎被害対策東北弁護団では8月27日~9月2日までB型肝炎被害無料電話相談を行っています | トップページ | 「勤務中に審議官室で女性とキス 西山氏を停職1月の懲戒」 軽すぎる処分だ、時期と職責を考えれば懲戒免職が当然だろう »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31