フォト

« 仙台弁護士会でも事務所の規模拡大が進んでいる 弁護士6人以上の法律事務所は10人2、8人1、6人2 弁護士間の競争を意識してのことだろう | トップページ | 法律事務所の規模拡大と弁護士の就職難 規模拡大は今後も続くだろうが、増員の全てを吸収するのは無理だろう »

2012年1月20日 (金)

法律事務所の規模拡大の理由は何だろう?将来を見据えた事務所設計を考えなければならない時代になったようだ

  仙台弁護士会でも法律事務所の規模拡大が進んでいるがその理由は何だろう。今までは仕事が増えて1人では手が回らなくなった、あるいは少し楽をしたいということでイソ弁をとっていたと思う。しかし現在の規模拡大の動きは、単に仕事が増えたから弁護士を増やすという単純な話ではないようだ。
 一つにはイソ弁が独立開業しづらくなったことがあげられる。事務所を維持するには最低でも年間1000万円くらいの経費が必要だ。これに自分の所得を加えると、1500万円くらいの売上がないとやっていけない。しかも今後弁護士は増える一方なので、たとえ今はこのくらいの売上が見込めるとしても将来に渡って事務所を維持できるか不安がある。イソ弁にとってはなかなか独立の踏ん切りをつけにくい状況にある。それならパートナーになって事務所経費負担した方が得ということになる。ボス弁としても、イソ弁でずっと居られるのは困るが、経費負担してくれるパートナーならずっと居てもらった方がよいと考える場合も少なくない。これが3~4名の事務所が増えている理由の1つだろう。
  もう一つは弁護士間の競争を意識してのことだと思う。病院でも患者からすれば大きな病院の方が治療水準が高いと思いがちだ。家を建てるにしても一般の人は、工務店よりも大手ハウスメーカーの方が安心感があると思うだろう。法律事務所も同じで、依頼する側からすれば1人の事務所よりは5人、10人いる事務所の方が安心感があるだろう。今後弁護士間の競争が激しくなることは間違いない。規模を拡大している法律事務所は、おそらくその辺を意識しているのだと思う。
  私などは現役でやれるのもあと10年くらいだと思っているので、いまさら規模を拡大して競争に備えようというつもりはない
が、弁護士も将来を見据えた事務所設計を考えなければならない時代になったようだ。今後は事務所の合併による規模拡大の動きが出てくるかもしれない。

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へにほんブログ村
にほんブログ村 士業ブログ 弁護士へにほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 宮城県情報へにほんブログ村

« 仙台弁護士会でも事務所の規模拡大が進んでいる 弁護士6人以上の法律事務所は10人2、8人1、6人2 弁護士間の競争を意識してのことだろう | トップページ | 法律事務所の規模拡大と弁護士の就職難 規模拡大は今後も続くだろうが、増員の全てを吸収するのは無理だろう »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/43813480

この記事へのトラックバック一覧です: 法律事務所の規模拡大の理由は何だろう?将来を見据えた事務所設計を考えなければならない時代になったようだ:

« 仙台弁護士会でも事務所の規模拡大が進んでいる 弁護士6人以上の法律事務所は10人2、8人1、6人2 弁護士間の競争を意識してのことだろう | トップページ | 法律事務所の規模拡大と弁護士の就職難 規模拡大は今後も続くだろうが、増員の全てを吸収するのは無理だろう »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31