フォト

« カネボウ美白化粧品白斑被害者の方へ 第2回無料電話相談のご案内 | トップページ | 平成25年 大学生(学部生)の大学別予備試験合格者数 各大学法学部の実力を端的に示す数字と評価してよいだろう »

2013年12月11日 (水)

<現金着服か>兵庫県の弁護士、懲戒へ 県警が横領で捜査 ついに若手弁護士も横領するようになったか

リンク: <現金着服か>兵庫県の弁護士、懲戒へ 県警が横領で捜査 (毎日新聞) - Yahoo!ニュース.

  兵庫県弁護士会は10日、同会所属の安村友宏弁護士(35)=尼崎市=が昨秋以降、依頼者の預かり金など数千万円を着服した疑いがあり、懲戒手続きを進めていると発表した。県警が業務上横領容疑で捜査している。
 安村弁護士は今月3日、県警西宮署に出向き、同署から弁護士会に連絡があった。弁護士会に対して「事務所経費に使った」などと説明したという。同会には昨年4月以降、13件の苦情があった。
 安村弁護士は2009年12月に兵庫県弁護士会に登録。10~12年度に関西学院大法科大学院でサポート講師を務めた。企業の法務相談や保険訴訟などを主に扱っていたという。

  兵庫県弁護士会では今年既に一人横領で起訴されているので、2人目の横領弁護士ということになる。安村友宏弁護士は、長池勇法律事務所という事務所名で業務をやっている。少し前までは3名の若手弁護士で運営していたようだ。ボス弁の事務所を引き継いだのだろうか。登録年度からすると62期なのだろう。
  依頼者の預かり金や成年被後見人の財産を横領する弁護士はベテランの弁護士が多かったが、ついに若手弁護士も横領する時代になったようだ。昨年4月以降、13件の苦情とされているが、そうすると弁護士3年目からやっていたことになる。
  弁護士の横領は、かつては投資の失敗の穴埋めなどが多かったが、今は売り上げが減っても無理して事務所経営を続けようとした結果というパターンが多いようだ。無謀な弁護士増員の結果、全体としてみれば弁護士の売り上げが減少の一途を辿ることは明白だ。ということは逆に弁護士による横領リスクは増加の一途を辿るということになる。
  弁護士増員論者はこのような市民の被害を一体どう見ているのだろう。競争による淘汰の過程でのやむを得ない犠牲、あるいは市民の自己責任で片付けるのだろうか。兵庫県弁護士会は「人から預かったものを取っていけないのは考えなくてもわかる。今後、会員の倫理意識向上に努めたい」とコメントしたそうだが、どうやって会員の倫理意識向上を図るつもりなのだろう。どうせまたぞろ意味のない倫理研修強化を言うだけなのだろうが、経済問題を背景とする不祥事を研修で解決できるはずもない。
  嬉しいことに今はまだ弁護士というだけで市民は信用してくれるが、その信用ももはや風前の灯火のようだ。
  会計士5万人構想を掲げていた金融庁は06~08年度に年3000人を超す合格者を出したが、就職できない会計士浪人が急増したのを受けて方針を見直した。2013年度の公認会計士試験の合格者数は1178人と新試験制度を導入した06年度以降で最少、合格率は8.9%だ。他方司法試験は弁護士の就職難が深刻化しているにもかかわらず、相変わらず2000人を超える合格者数を維持している。この違いはひとえに法科大学院の存在だ。これ以上合格者を減らすと益々志願者数が減って経営が立ちゆかなくなるので合格者を減らせないわけだ。会計大学院というものもあるが、2010年時で、全国で18校、総定員数は約1,000名とされる。会計士試験の場合は科目免除はあっても会計大学院修了が受験資格とされていない。それでもこの程度の規模であれば存立できている。法科大学院は、その課程終了を司法試験の受験資格とし、74校、定員5800名などという馬鹿げた規模で立ち上げたので、合格者数も減らせないし受験資格も外せないわけだ。法科大学院も会計大学院程度の規模に縮小すれば受験資格を外されてもやっていけるはずだし、そうすれば司法試験の合格者数も減らすことが可能になる。処方箋があるのに日弁連も文科省も法務省も法科大学院関係者の既得権維持のために実行できないでいるだけだ。
  手を拱いている間に弁護士の経済基盤は崩壊し、弁護士に対する市民の信頼も失われることだろう。

« カネボウ美白化粧品白斑被害者の方へ 第2回無料電話相談のご案内 | トップページ | 平成25年 大学生(学部生)の大学別予備試験合格者数 各大学法学部の実力を端的に示す数字と評価してよいだろう »

弁護士会・法テラス」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/522409/54225778

この記事へのトラックバック一覧です: <現金着服か>兵庫県の弁護士、懲戒へ 県警が横領で捜査 ついに若手弁護士も横領するようになったか:

« カネボウ美白化粧品白斑被害者の方へ 第2回無料電話相談のご案内 | トップページ | 平成25年 大学生(学部生)の大学別予備試験合格者数 各大学法学部の実力を端的に示す数字と評価してよいだろう »

最近のトラックバック

無料ブログはココログ
2016年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31